世界史サロン

元教師がおくる世界史講義と、ニュースを世界史で読み解くブログ

今回は、ずっと気になっていたレイテ島に行ってきました
私自身、セブに在住しているので、距離的にも近く、やっと8月23日、24日に行ってきました

-セブ・レイテ-
2014-8-31_4-27-36

レイテ島が気になっていた理由は、2つあります

1.2013年11月の台風被害
2.第二次世界大戦時の、激戦地の確認


仕事の関係で、前もってチケットやホテルを手配できなかったため、意外に費用はかかりました

それでも、私の行ったタクロバンは、セブから200キロぐらいしか、離れていないので、往復チケット代は4000ペソ(9500円)ぐらいです

ホテルも、4000ペソぐらいかかってますもっと安いホテルもあったと思いますが、被災地ですし、しょうがないかなと思います

台風の被害は、すでに1年近くなっているのにデカイです

■台風30号(フィリピン)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E6%88%9025%E5%B9%B4%E5%8F%B0%E9%A2%A8%E7%AC%AC30%E5%8F%B7

■フィリピンに各国から救援隊-死者1万人も、損失推計1.4兆円
ブルームバーグ 2013/11/11
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MW2OMY6KLVR401.html

まず空港に降りて思ったこと。「いきなり水浸しかよ
IMG_1671

空港も、壊れたままです
IMG_1672

空港周辺も、まだ倒木が野ざらしです
IMG_1674

UNHCRのテントがありますね。国連の一機関ですが、よくやっていると思います。レイテ人から国連の文句は聞かなかったです
IMG_1678

IMG_1680

IMG_1679

台風時のままの光景のように錯覚しますが、現地の人に聞くかぎり、かなり戻ってきているそうです。台風で高波が来て、レイテのおばちゃんは、泳いで逃げたとまで言っていました

フィリピンの独裁者マルコス(在任1965~86)と奥さん、イメルダ夫人の家を再現した博物館もボコボコですサント・ニーニョ博物館といいます

世界史受験では、マルコスは現代史で聞かれます。覚えましょう

-サント・ニーニョ博物館-
IMG_1693

IMG_1694

調査中、子供が屈託のない笑顔で、よく挨拶してきました。日本語も少ししゃべれていて、当時の日本の支援者のおかげで覚えたのかなと、勝手に解釈しました

セブの人より、さらに人なつっこい人々に驚きました

タクロバンの市庁舎にも行ってきてます

-タクロバン市庁舎-
IMG_1699

フィリピンと日本の戦死者を弔った記念碑も欠けています。ぜひ、修復したいですね。優先度的には、レイテ人の生活を普通に戻すことですが…

ちなみにこの碑、鈴木元東京知事が文字書いてます

-平和記念碑-
IMG_1701

この碑を中心に、公園になってますが、恋人たちの憩いの場になってます。悲惨なことがあっても、がはぐくまれるのには、本当に感動します

IMG_1702

マッカーサーが「I shall return」と言って実際に戻ってきた場所が、実はレイテです。そこが今、記念公園になっています

マッカーサーは第二次世界大戦で、日本と戦った、現場の責任者でしたね。戦後は、日本統治に強く関与しています

トライシクルを使っていきましたが、往復で400ペソかかってます。多分ボラらてますw

-マッカーサー・ランディング・メモリアル・パーク-
IMG_1707
※金メッキが、剥げています

IMG_1708

ここから空港に直接帰りました。空港前には、ほどほど食事する所あります
IMG_1713

そして、ショボいチェックインでセブに戻りました

IMG_1715

この旅を終えて思ったことは、日本の兵隊の魂を鎮魂しようと考えていましたが、まず鎮魂すべきなのは激戦地の犠牲になったフィリピン人だということ

また、それに気付かなかった自分の浅薄さを恥じました日本軍自体、現地調達で戦争をしているため、現地人の食糧を奪う状態が発生しました

またゲリラと民間人は同じ服装で、日本兵は「会った者はゲリラの恐れがあるため、殺せ」と命令されていました。日本兵側から見れば、しょうがない状況ですが、フィリピン人の反日感情が高まるのは必然だと思います

結局、戦争自体をなくさないと憎しみがなくならないですね

今回は、以上です

■スポンサードリンク

ロシアは、帝国主義時代にガタガタと、政治システムが変わっていく時代です

まだ説明していないですが、キッカケは日露戦争(1904~05)です。これで、ロシアは王政の変更を余儀なくされます

まず社会主義の勢力が、大きく伸長します。ロシア社会民主労働党が、まずでますが、意見の対立で、ボルシェヴィキメンシェヴィキに分かれます

メンシェヴィキの方が、段階的な改革を望み、ブルジョワ勢力も取り込んでいます。指導者は、プレハーノフマルトフです。ボルシェヴィキの指導者は、レーニンです

-レーニン-
2014-8-25_17-18-13

他にも過激な社会主義集団、社会革命党(エス=エル)というのもあります。これは、ナロードニキの流れを組んでいます

■講義 part72 -ロシアの改革と東方問題-
http://world-history.blog.jp/archives/7210555.html
※ナロードニキ情報

もちろんブルジョワ政党もあります。それは、立憲民主党です
これらの政党が、主導権争いを行います

結局の所、戦争は長続きすると、優勢だろうが、劣勢だろうが、国民の不満は鬱積します。明日食べるゴハンも、苦しむ状態になりますからね

さらにアジアなんて雑魚と思っている欧米の人にとって、簡単に日本を追い込めないロシアの状態に、国民は我慢なりません

これらの不満は、ペテルブルク冬宮前のデモにつながります。率いていたのは、ガポンという神父です。このデモを鎮圧するために、軍隊は武力で鎮圧します

これで多くの死者がうまれ、ロシア皇帝憎しの感情が作られていきます。これを血の日曜日事件(1905年1月)といいます

これがキッカケとなり、各地が暴動です。当時の皇帝ニコライ2世(在位1894~1917)はビビりますこの暴動鎮圧の責任者となったのが、ヴィッテです。彼は、日露戦争を終わらせたポーツマス会議での責任者でもあります

まず、原因を考えるとわかりますが、デモのキッカケは戦争です。これを止めるのが第一です。これを放置している間、軍隊すら暴動に参加しています

これをポチョムキン号の反乱(1905年6月)といいます

いよいよ皇帝の首が危ないですロシアは戦争継続を断念します。ポーツマス条約(1905年9月)に調印します

しかし、これだけでは無理です。戦争に負けているからです。責任は誰でしょう?どうみても皇帝になります。国民を納得させるアメでもない限り、止まりません

そこでニコライ2世は、十月宣言(1905年10月)を発表し、ドゥーマ(国会)の開設と、憲法の制定を認めます

血の日曜日事件から、ここまでの流れを第一次ロシア革命といいます

血の日曜日事件⇒ポチョムキン号の反乱⇒ポーツマス条約⇒十月宣言

並べ替え問題があれば、年号暗記がなくても、当時の流れを覚えいれば解答できます。上記の流れを自分で説明できるようにしていてくださいね

ここで力を持ったのは、立憲民主党です。ヴィッテも彼らの路線を支持しますが、皇帝は不満です。喉元すぎれば、ナントカで、自分以外の者が権力を持つことが納得できません

1906年に首相だったヴィッテを解任し、ストルイピン(在任1906~11)をあらたに任命します。これで、立憲民主党も支持者を失い、力がなくなります

ストルイピンは、暴動の芽が、ミールから生まれると考えていました。ミールは農村共同体ですね。農民は貧しい人多いですから、社会主義の影響を受けやすいです

ミールをつぶし、自立した農民を増やせば国力もあがると考えました

■講義 part72 -ロシアの改革と東方問題-
http://world-history.blog.jp/archives/7210555.html
※ミール情報

この考え、ちょっと浅薄だったと思います。ミールは、国が何も助けてくれないなかで、弱い彼らが何とか生きていくためのだったことを理解できていません

ストルイピンは、貴族出身ですから、経済的なものだけで、物を見過ぎたと思います。ただ、彼はミールを潰せば、暴動が減って、経済力もつくと思ってますから、ミール解体を断行します

最後のセーフティーネットを砕かれたわけですから、農民に貧富の格差が増大します。ここで儲かった一部の人はいいですが、頼るもののない農民は困窮し、さらに憎しみを増大させるわけです

またストルイピンは、いろいろルールを変更して、自分に操縦しやすい国会を作りました。立憲民主党や社会主革命党などは、そこで議席を失います

ほうぼうに憎まれたストルイピンは、最終的に暗殺されてしまいます

彼のやろうとしたことは理解できますが、ロシアの流れを大局から判断して、適切に行動できるまでの才覚はなかったと思います

ロシアの矛盾は解消されず、不満のマグマが溜まり、次の革命を待つことになります

次回は、帝国主義時代(アメリカ)です

■スポンサードリンク

今日、フィリピンは祝日なので、更新します

■ドイツ
ドイツの帝国主義行きましょう

正直、ココからドイツは泥沼ですまず私も個人的に好きなビスマルクが、退陣します(1890)その後に出てくるのが、ヴィルヘルム2世(在位1888~1918)です

■講義 part68 -ドイツの統一-
http://world-history.blog.jp/archives/6184102.html
※ビスマルク情報

自分は、結果論で考えます。ヴィルヘルム2世を擁護する人もいますが、彼はドイツを追い込んだ責任者であり、後のヒトラーを生むトリガーの役割を果たしています

なぜ、こうなるかというと、彼が首相でなく、国王だった点にあります。この場合、国家=国王になります。行き着く先は、拡大路線です

これはイギリスやロシアとの衝突と同じ言葉です…

-ヴィルヘルム2世-
2014-7-29_11-35-17
※By Wikipedia

私は、マックス=ヴェーバー「職業としての政治」から、分析すると、ヴィルヘルム2世は結果責任を果たしていません

※ちなみに、この本は受験では聞かれません。プロテスタントのマインドと資本主義を研究した「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」のほうが聞かれます

正直、国をまとめる人は「そういう気持ちでやってなかった…」と言い訳がましいことを言うべきでありません。すべては、結果で判断されるべきです


彼には、理想主義者の面が強いです。それが顕著に現れたのが、社会主義者鎮圧法の廃止です(1890)。これで社会主義勢力が、強大な力を持ちます

ビスマルクは、この勢力を危険視していまいた。国家運営において、不安定要素と捉えていたわけです。彼らのうちの大半は、労働者の立場にたって行動してますから、悪くはないと思います

ただ、無政府主義者のように、国家転覆を計る勢力もいたので、コントロールが難しい勢力です。インターナショナルのように国家を越えて連結しますからね

これは、少なからず今の日本も抱えている問題です。機会があれば、別枠で説明します。社会主義については、一言で語れない一長一短があります

■講義 part77 -19世紀の欧米文化史④(探検・国際的諸運動)-
http://world-history.blog.jp/archives/8659280.html
※インターナショナル情報

少なくとも、ヴィルヘルム2世の選択は、社会主義勢力を爆発的に増やしました。まず有力な組織としてはラサール率いる全ドイツ労働者協会(ラサール派)とベーベル率いる社会民主労働者党(アイゼナハ派)があります

1875年、これが合併して、ゴータ綱領をもとに、ドイツ社会主義労働者党が結成されます。これに呼応しての社会主義者鎮圧法(1878~90)です

これで歯止めをかけようとしていましたが、これが外れます

1891年、エルフルト綱領に基づき、ドイツ社会主義労働者党はドイツ社会民主党に改称されます。この政党は、現在のドイツでも有力な政党です

全ドイツ労働者協会(ラサール派) + 社会民主労働者党(アイゼナハ派) = ドイツ社会主義労働者党 ⇒ ドイツ社会民主党

今のメルケル首相(在任2005~)の前の、シュレーダー(在任1998~2005)はドイツ社会民主党出身です

-シュレーダー-
2014-7-29_12-24-51

次回、帝国主義時代(ロシア)行きます

■スポンサードリンク

このページのトップヘ