今日は、ギリシア文化史です

出題頻度の高いものをピックアップしていきます


まずは、ホメロスです
彼の作品は、最古の大叙事詩である「イリアス」「オデュッセイア

この最古とか、最盛期とかは、ホントによく聞かれるパターンです

必ず覚えてくださいね


この作品は、「イリアス」がトロヤ戦争、「オデュッセイア」が戦争後を描いてます


この作品を考古学者のシュリーマンは大好きでした

多くの人は想像上の話と考えていましたが、彼は本当の出来事と考え、
トロヤ文明を発見しました

意外にも、神話が実話だったというのは珍しくありません
ノアの箱舟なども、当時本当に大洪水があったことは、地層調査で判明しています


あとは、ヘシオドスの「労働と日々」も有名です

ギリシア唯一の女性詩人サッフォーも、女性がキーワードで聞かれます


ギリシア人は、当時吟遊詩人の歌を聴いたり、劇場で舞台を見るのが好きでした
特に彼らが好きなジャンルが、悲劇です


悲劇的な話を聞いて、涙を流し、心を洗うのが大好きでした
これをカタルシス(浄化)といいます


ギリシアの悲劇作家は、3人有名です
アイスキュロス・ソフォクレス・エウリピデスです

作品とセットで覚えてください


アイスキュロス…「アガメムノン

ソフォクレス…「オイディプス

エウリピデス…「メディア


喜劇作家は、1人だけ覚えましょう


アリストファネス…「女の平和


またギリシアは、哲学発祥の地としても有名です
倫理の授業などでも、西洋哲学を学ぶ場合ギリシアから始まりますね


まずギリシア人は、自然がなにによって構成されているかを考えました
これを自然哲学といいます


例えばミレトス出身のタレースは、万物の根源をと考えました


ピタゴラスは、万物の根源をと考えました
この人は、ピタゴラスの定理で有名ですね


ヘラクレイトスは、万物の根源をと考え、「万物は流転する」の言葉を残しています


デモクリトスは、万物の根源を原子(アトム)と考えました


アテネなどを想像していただくと理解できると思いますが、
彼らは大人になったら参政権があり、全員が政治家といっても過言ではありません


そのため、哲学的な教養や合理的なトークが求められました
その中で相手に話勝つための派閥として、ソフィストというのが現れました


有名なのが、プロタゴラスです
彼は「人間は万物の尺度」であるといいました
つまり相対主義ですね


ソフィストの中から、口だけ達者な屁理屈人間が多くあらわれ、
内容の伴わない話は、いかがなものかという風潮がうまれました


相対主義に対抗する形であらわれたのが、ソクラテスでした
彼は、客観的な真理は存在すると考えました


その弟子として有名なのが、プラトンです
彼はイデア論を主張しました

イデアは、アイデアの語源です。つまり理想という意味ですね
現実世界は、イデアのコピーという考え方です


これは、後に生まれるキリスト教の考えに強く影響を与えました
キリスト教は、イデアを天国に言い換えただけで、ほとんどプラトンの考え方で構成されています


プラトンは、自分の考えを広めるために学校を作りました。それをアカデメイアといいます
アカデミーの語源ですね


そのプラトンの弟子が、アリストテレスです
彼はアレクサンドロス大王の家庭教師として有名でした


歴史家も2人覚えましょう
ギリシアの大きな戦争といえば、ペルシア戦争とペロポネソス戦争でしたね


ペルシア戦争について記したのが、ヘロドトスの「歴史」です
この人は、「エジプトはナイルのたまもの」といったことでも有名ですね


ペロポネソス戦争は、トゥキディデスの「歴史」です


極めて紛らわしいので、ペルシア戦争の「歴史」・ペロポネソス戦争の「歴史」とセットで覚えてください


彫像では、フェイディアスの「アテネ女神像」ですね


建築様式も複数ありますが、ひとまずパルテノン神殿ドーリア式というのだけは、
必ず記憶してください

■スポンサードリンク