中世ヨーロッパの続きを勉強しましょう
復習です。ヨーロッパは大きく分けて3要素で構成されてます


1.ローマ文化
2.ゲルマン文化
3.キリスト教


上記の3つの要素で、ヨーロッパはできています


今日はキリスト教を語りたいのですが、残りのゲルマン大移動を先にやります
ゲルマン人の第一波は、4世紀に移動したんですが、第二波がヨーロッパにやってきます

第二波のゲルマン人は、ノルマン人といいます。彼らの移動開始は、8世紀後半です

第二波の彼らは、もともとスカンディナヴィア半島バルト海沿岸に住んでいました
彼らは別名ヴァイキングとも言われます。入り江の民という意味です

2014-1-6_15-20-20

私の友人にスウェーデン人がいるんですが、彼らの乾杯は「スコール」といいます
これ英語にするとスカル、つまり骸骨です


当時のヴァイキングは、頭蓋骨に酒を入れて飲んでいたそうです
そこから、この言葉が生まれたと教えてくれました

いや~グロテスクです


そんなノルマン人ですが、まずルーシ族はロシアの方に向かい、リューリクノヴゴロド国を建国します
これは、862年のことです。これは、春に(862)ノヴゴロドで覚えましょう


オットー1世が962年に神聖ローマ帝国を作ってましたよね!?
1つ語呂で年号を覚えたら、10年単位、100年単位で何があったか覚えておくと楽です
活用してみてください


このノヴゴロド国が、現在のロシアの起源といわれています

さらにノヴゴロド国の一派は、キエフ公国というのも作っています

この国はビザンツ帝国との結びつきが強く、ギリシア正教を信仰しています

ギリシア正教は、ローマ・カトリックとは別の派閥です

現在のロシアでも、この影響でギリシア正教が主流です

キエフ公国は、13世紀にやってきたモンゴルのバトゥにやられてます


フランスに向かったノルマン人のロロは、911年にノルマンディー公国を作ります

イギリスにも、ノルマン人が行きます。まず行ったのは、ノルマン人の一派デーン人です
デンマーク人の先祖ですね


すでに第一波のアングロ=サクソン王国がそこにはありましたが、デーン人が頻繁な来襲します。倭寇に苦しめられた中国の状況に似ていますね


アングロ=サクソン王国のアルフレッド大王(位871~899)は、うまく撃退できていましたが、
デーンの王クヌート(位1016~35)来襲時は防ぎきれず、デーン朝(1016~42)がイギリスに建国された時代もありました


結局イギリスは、ノルマンディー公国のウィリアムに支配されます
支配以後は、彼はウィリアム1世(位1066~87)を名乗ります


彼がイギリス支配を決定付けた戦いをヘースティングズの戦い(1066)といいます

トロロ(1066)大好き、ヘースティングズの戦いとか、トロロ(1066)大好き、ウィリアム1世とかお好みで覚えてください


ノルマン朝が、この戦いで始まります。1066~1154年の約100年続きます
1066年の出来事は、ノルマン征服(ノルマン=コンクェスト)といわれます
コンクェストは、conquestと綴りますね。英語の勉強にもなるので、覚えましょうね


ノルマン人の中には、海を渡りイタリアのシチリア島にまで行った人たちもいます
そんな彼らが建てた国が、両シチリア王国(1130~1860)です。建国者は、ルッジェーロ2世です

めちゃくちゃ長く続けたのは、伝統的にイタリアに統一国家がなかった地域だからだと思います


これぐらいがノルマン人の話です。それでは、キリスト教に入りましょう

ローマ帝国末期の395年にローマで国教化されましたね

キリスト教の聖地は、五本山といわれ、
ローマ・コンスタンティノープル・アンティオキア・イェルサレム・アレクサンドリアにありました
2014-1-6_15-59-37

この内アンティオキア・イェルサレム・アレクサンドリアは、7世紀以後イスラム支配圏に入るので、
ヨーロッパでの盟主をローマとコンスタンティノープルが争います


ローマが、カトリックを名乗り、コンスタンティノープルはギリシア正教会を名乗ります
macとwindowsの戦いみたいなものです


それではローマ・カトリックについて説明しましょう
カトリックを学ぶうえで、よく聞かれるのが教皇についてです。出題される教皇を説明します


まずはレオ1世(位440~461)を覚えましょう
彼はフン族のアッティラのローマ侵入を説得して、踏みとどまらせます


6世紀は、修道院というものが設立された時期でもあります
修道院は、自らの行動でキリスト教のすばらしさを具現化する存在です


一番最初は、ベネディクトがベネディクト派修道会をイタリアのモンテ=カシノに作ってます
戒律は、「清貧・純潔・服従」です

2014-1-6_21-40-37

6世紀には、教会はゲルマン人への布教活動を活発化させます
前回触れましたが、ゲルマン人は異端のアリウス派を信じています。ローマは、アタナシウス派でしたね
そのためアタナシウス派を営業していきます
このゲルマン布教で有名な教皇が、グレゴリウス1世(位590~604)です


修道院の話をもう少しします。910年には、クリュニー修道院がフランス中東部にできます
1098年には、シトー修道院もフランス中部にできます


この2つとも地名です。クリュニー修道院は、フランス留学中に行ってきました
典型的な石造りの寺院です。冬場は絶対寒いですw

それでも修道院の人は裸足だったそうです。マジ尊敬しますw


13世紀は、新たなタイプの修道院ができます。托鉢修道会というものです
これは、まわりの人の寄付で成り立つ修道院です


日本でも、鉢をもって、そこに寄付したらチーンと鳴らす人いますよね?
あんな感じで、修道院の人も寄付を募ってました


ちなみに13世紀と聞いたら、必ずモンゴルの時代と思ってくださいね
托鉢修道会で有名なのが、イタリアのアッシジ出身のフランチェスコが建てたフランチェスコ修道会ドミニコ修道会が有名です


フランチェスコ修道会がモンゴル行ってましたよね!?
プラノ=カルピニとか、ルブルックがそうです


次にあげる教皇から、教会の権力が絶頂期になります
教皇の名は、グレゴリウス7世です。彼は聖職叙任権の問題で神聖ローマ皇帝のハインリヒ4世を破門します

この破門が当時の人には、凄いツライです

なぜかというと、破門イコール地獄行きだからです

神の存在を信じていた時代ですから、皇帝はこれに耐えきれず許しを請います
これをカノッサの屈辱(1077)といいます


私は、これをヘースティングズの戦い(1066)の11年後と覚えてます
覚えにくかったら、すいません


ちなみに聖職叙任権というのは、僧侶の身分を皇帝が決めるのか、教皇が決めるのかで揉めた戦いです
当時ヨーロッパで一番強いのは、皇帝か教皇かよくわかっていませんでした


カノッサの屈辱によって、教皇がトップということがわかりました
聖職叙任権が解決したのは、1122年ヴォルムス協約までかかりました

カノッサの屈辱以後も揉めていたわけです


絶頂期中の絶頂期の教皇は、インノケンティウス3世です
彼は第4回十字軍を提唱します


十字軍は、後で詳しくやりますが、キリスト教の聖地がイスラムに奪われているので、取り返そうという運動です

十字軍の目印は、もちろん十字架です。この時に人を殺しまくったので、イスラム圏の人は、十字架のマークが嫌いです


インノケンティウス3世の有名な言葉が、「教皇権は太陽、皇帝権は月です」です
「教皇は偉いぜ」ってことです


今日はこのあたりにしましょう

次回は、ギリシア正教会を保護したビザンツ帝国について話します

■スポンサードリンク