選挙法改正をまとめて一気にいきます
2014-5-26_1-38-35
Copyright by 来夢来人

全部で6回ありますこれは、語呂で全覚えです

闇に(1832)やむなく(1867)はやし(1884)たが、悔いは(1918)なく、苦には(1928)ならないック(69)

■首相名
次に首相の語呂です。第1回~6回の時の歴代首相です
ぐだぐだ、グロいボールだ。ウィルソン

ぐ…グレイ(ホイッグ党)
だ…ダービー(保守党)
グ…グラッドストン(自由党)
ロ…ロイド=ジョージ(自由党)
ボール…ボールドウィン(保守党)
ウィルソン…ウィルソン(労働党)


■参政権の拡大
第1回選挙法改正(1832)…産業資本家
第2回選挙法改正(1867)…都市の工業労働者
第3回選挙法改正(1884)…農業労働者・鉱山労働者
第4回選挙法改正(1918)…男子普通選挙(満21歳以上)、女子普通選挙(満30歳以上)
第5回選挙法改正(1928)…男女普通選挙(満21歳以上)
第6回選挙法改正(1969)…男女普通選挙(満18歳以上)


正直、これは全覚えです。どれが聞かれてもおかしくありません
「第2回選挙法改正で、鉱山労働者に参政権が与えられた」⇒不正解ですね
「第4回選挙法改正は、保守党のグラッドストン内閣の時に行われた」⇒不正解ですね回数も、政党も違います
「第5回選挙法改正で、男子満20歳以上に参政権が与えられた」⇒不正解ですね21歳です
こんな感じに、いろいろなパターンで聞かれるので、全覚えしかありません大変かもしれませんが、暗記すれば得点源になりますから、必ず覚えましょう

今までのブログでふれた参考情報は、以下です
■講義 part66 -19世紀の自由主義・社会主義-
http://world-history.blog.jp/archives/6117577.html
※第1回選挙法改正情報
■講義 part70 -イギリスのヴィクトリア時代-
http://world-history.blog.jp/archives/6723571.html
※第3回選挙法改正情報

選挙法改正なんて、イギリスしか聞かれないので、「世界で初めて、女性に参政権を与えた国はどこですか?」っていう問題が出題されると、みなイギリスを選んでしまいます。これ間違いです

2014-5-26_1-43-35
Copyright by 来夢来人

正解は、ニュージーランドです。イギリスは、1918年に認めてますが、ニュージーランドは1893年です。ちなみに日本は、1945年です
こんな変化球問題も、たまに出題されています。選挙法改正は、以上です

次回は、ロシアです。今、ホットなクリミア問題に関わる部分です

■スポンサードリンク