さて、久々のイスラムですオスマン帝国(1299~1922)は、一時期はおそらく世界最強といっても過言ではなかったんですが、第2次ウィーン包囲(1683)失敗を最後に下降線を辿ります

■講義 part41 -ティムール・サファヴィー・オスマン朝-
http://world-history.blog.jp/archives/2590485.html

さらにはナポレオンによるエジプト占領(1798~99)は、ナショナリズムを喚起しました。これはオスマン帝国にとって、けっこうな泣き所です広大な地域を支配していますから、オスマン帝国はトルコ人を頂点にする多民族国家です

そこで占領された他民族が、「自分の国を持ちたい」という思いから、反乱をおこしますすでに触れてますが、ギリシア人やエジプト人が反乱を起こします

■講義 part64 -ラテンアメリカ諸国の独立とギリシア独立戦争-
http://world-history.blog.jp/archives/6006451.html
※ギリシア独立戦争

■講義 part72 -ロシアの改革と東方問題-
http://world-history.blog.jp/archives/7210555.html
※エジプト=トルコ戦争

これらの反乱でオスマン帝国のシステムは、すでに老朽化していることが明らかになりました。もちろんオスマンの王様は、改善に乗り出します

この際の反対派は、イェニチェリです。イェニチェリは、キリスト教系の奴隷でしたが、王直属の軍のため、成果をあげたものは、凄い報奨をもらえてました

オスマン自身は、西洋化を進めないと、ドンドン領土が減っていく恐怖がありましたが、旧制度の廃止で職を失う恐れのあったイェニチェリが抵抗するわけです

28代目のセリム3世(在位1789~1807)なんかは、西洋式軍隊を模索しましたが、イェニチェリに暗殺されています

なんとかイェニチェリ軍団の解散(1826)に漕ぎ着けたのは、30代目のマフムト2世(1808~39)です

-マフムト2世-
2014-6-25_17-59-35

彼の時に、ギリシア独立戦争(1821~29)、第1回エジプト=トルコ戦争(1831~33)、第2回エジプト=トルコ戦争(1839~40)等起きてますから、危機感は相当だったと思います

マフムト2世以降も改革は続きます。ここから続く1839~76年の改革をタンジマート(恩恵改革)といいます

これは31代目のアブデュル=メジト1世(在位1839~61)が、ギュルハネ勅令を発布してスタートします

彼は、クリミア戦争期(1853~56)のスルタンですね

34代目のアブデュル=ハミト2世(在位1876~1909)は、宰相にミドハト=パシャを登用して改革をすすめます。西洋の根幹たる憲法に着目し、ミドハト憲法(1876)を制定しますが、これはアジア初の憲法であり、二院制責任内閣制を備えていましたが、ロシア=トルコ戦争(1877~88)開始をきっかけに運用を停止しました

つまり改革はうまくいかず、オスマン帝国はただ死を待つだけの存在なわけですこういうのを見るにつけ、日本はよく明治維新(1868)が達成できたと思います

次回も、イランなどの中東系を説明します

■スポンサードリンク