東南アジアは、のきなみヨーロッパ諸国の餌食になります

■インドネシア
すでに説明しましたが、アンボイナ事件(1623)によって、オランダの勢力化に入っています。当時のインドネシアには、イスラム教のマタラム王国(16世紀末~1755)がありましたが、オランダに滅ぼされます

その後着任したファン=デン=ボス(在任1830~33)が強制栽培制度を行い、コーヒー・サトウキビ・藍を生産させました

スマトラ北部にあったアチェ王国(15世紀末~20世紀初)とのアチェ戦争(1873~1912)もありましたが、オランダはインドネシアの利権を維持します

-アチェ-
2014-6-27_14-24-30

■講義 part29 -東南アジア(ミャンマー・インドネシア)-
http://world-history.blog.jp/archives/1887985.html
※マタラム王国

■講義 part56 -ヨーロッパ諸国の海外進出-
http://world-history.blog.jp/archives/4392809.html
※アンボイナ事件・強制栽培

■ミャンマー
前回、説明しましたが、イギリスインドを軸に領土を拡大していきます。ミャンマーは、イギリスの隣国ですから、ココはイギリスが進出してきます

2014-6-27_14-36-15

コンバウン朝(1752~1885)は、ビルマ(ミャンマー)戦争(1824~26、52~53、85~86)の結果、滅亡します。その後のミャンマーは、1886年にインド帝国へ併合されます

■シンガポール・マレーシア
この地域もイギリスが、手を付けます。ラフッルズという植民地行政官は、シンガポールの地理的優位性に目を付けて、1819年にここを買収します

今現在でも、東南アジアの情報が一番集まり、ビジネスチャンスがあるのは、シンガポールですから、凄い判断だと思います

さらに1826年には、周辺のペナン島・マラッカを併せて、海峡植民地に格上げします。1895年には、さらに領土を拡大し、マレー連合州(マライ連邦)としました。その後、ゴム=プランテーションが発達します

-ペナン島・マラッカ・シンガポール-
2014-6-27_14-53-50

■ベトナム・ラオス・カンボジア
イギリスインドを軸に領土を拡大していくのに対し、フランスベトナムを軸に領土を拡大すると覚えておいてください

ベトナムの最後の王朝は、阮朝(1802~1945)でしたね。ここに宣教師殺害を口実に戦争を仕掛けたのが、ナポレオン3世です。スペインとの共同出兵で、仏越戦争(1858~62)を起こします。結果、結んだ条約が、サイゴン条約です。内容を見ましょう

■サイゴン条約(1862)
・キリスト教布教の自由
・コーチシナ東部3省の割譲
・サイゴンの割譲

■講義 part28 -東南アジア(ベトナム・カンボジア・タイ)-
http://world-history.blog.jp/archives/1870544.html
※阮朝情報

■講義 part69 -フランスの第二帝政・第三共和政-
http://world-history.blog.jp/archives/6498346.html
※ナポレオン3世情報

さらに1863年には、カンボジアを保護国化ユエ条約(1883,84)によってベトナムの保護国化も決定します

これに黙っていないのが、中国のです。中国を説明するのは久々です。基本中国人の頭の中は、今現在でも、東南アジアは中国のと考えています。だからこそ、領土問題でベトナム・フィリピンが抵抗しても、彼らの中では、「うるせー、ハエだな」ぐらいの印象です

ユエ条約は、明らかに清の利権を侵害しています

清仏戦争(1884~85)が発生しますが、フランスに勝てるわけがありません天津条約(1885)によって、清は、ベトナムをフランスのものと認めます

この戦争の際、劉永福という人が黒旗軍という義勇軍を率いて、抵抗したこともレアですが、聞かれます。ちなみに彼は、広東省客家出身です

客家は、直接的な意味で「よそ者」を指すことから、移民のことです。多く山間部などの僻地に住んでいました。この人々が、中国人の中でも性格が特殊なので、覚えておいてください。今後、何度かでてきます

誰も文句を言わなくなった所で、フランスは自分の植民地をフランス領インドシナ(1887~1945)と命名します。1899年には、ここにラオスも編入させます

-フランス領インドシナ-
2014-6-27_15-50-27

ちなみにインドシナですが、インド+シナ(中国)=インドシナです。インドと中国の中間にあるよということです。インドネシアと間違わないでくださいね

■タイ
現在も続くラタナコーシン朝は、近代化につとめたラーマ5世(在位1868~1910)の活躍もあって、独立を維持しますが、地理的条件に恵まれていた要素を否定できません

イギリスとフランスは、領土拡大が進むと衝突が不可避となるので、タイを緩衝地帯として存続させました

2014-6-27_16-0-5

■講義 part28 -東南アジア(ベトナム・カンボジア・タイ)-
http://world-history.blog.jp/archives/1870544.html
ラタナコーシン朝情報

次回は、中国の植民地化(アヘン戦争・アロー戦争)いきます

■スポンサードリンク