世界史サロン

元教師・今社長がおくる世界史講義と、ニュースを世界史で読み解くブログ

カテゴリ: 東南アジア史

5年ぶりに講義を更新します!!今回からは、2019年版山川出版社詳説世界史Bを参考に、進めていきます。2019年版山川出版社チェック済みのものは、今後タイトル【2019】を付けていきたいと思います

■インド
まずインドですが、イギリスが植民地化の速度を早め、インド帝国(1877~1947)を作っていますね。また、ガス抜きの意味も込めて、インドの有力者を集めて、ボンベイインド国民会議(1885)を結成してあげました。「インド人の意見も聞いてあげるよ~」という機関です。

ただ、このガス抜きは失敗します。結局、イギリス人とインド人の間には優遇度が違うし、裏では当時のインド人同士を仲たがいさせるように、宗教を利用します。ヒンドゥー教とイスラム教の対立を使います。

イギリスの統治政策は、「分割して統治せよ (Divide and rule)」を常套手段しとして利用します。これは今でも有効な方法として、機能します。結局イギリスは、インド全体がまとまって反抗してくると辛いので、いつまでもケンカして、まとまらないようにします。

今の日本でも、某国より沖縄アイヌを使って、日本を揺さぶる勢力がいるので、1つの統治・外交手法として現役の手段です。

イギリスの露骨な手法がでたのが、ベンガル分割令(1905)です。これはベンガルというインドの州をヒンドゥー教イスラム教が多く住むエリアに分ける法律です。

これに反発したのが、インド国民会議で有力な人物となったティラクです。

彼は、1906年カルカッタ大会で、4大綱領である英貨排斥・スワデーシ(国産品愛用)・スワラージ(自治獲得)・民族教育を提唱します。これは受験でも、よく聞かれる言葉なので覚えましょう!

-----------------------------------------------------------------------------
Q1.4大綱領で採択された国産品愛用は、向こうの言葉で何ですか? 
A1.スワデーシ

Q2.ボンベイで、4大綱領が採択された
A2.カルカッタの誤り

-----------------------------------------------------------------------------

上記のような問題が出題されます。

国民会議をコントロールできなくなったイギリスは、イスラム主体親英団体として全インド=ムスリム連盟(1906)を作って、どうにかベンガル分割令を機能できるように画策します。

これもうまくいかず、1911年にベンガル分割令は、撤回されます。また当時のインド帝国の首都だったカルカッタは、反英の拠点になってしまったので、デリーに遷都します

2019-12-15_11-17_No-01


■講義 part80 -インドの植民地化-
http://world-history.blog.jp/archives/8832614.html

■インドネシア
インドネシアは、オランダに統治されていましたが1911年より、イスラーム同盟(サレカット=イスラム)が抵抗運動を開始することを覚えておいてください

■フィリピン
フィリピンは、当時スペインに支配されていましたが、ホセ=リサールがまず独立に向けて動きます

-ホセ=リサール-

2019-12-15_11-44_No-00
しかし、この運動は鎮圧され、1896年に彼は処刑されますこの後を引き継ぐのがアギナルドです。1998年アメリカ=スペイン(米西)戦争では、アメリカ側につきました。

1899年フィリピン共和国を作りますが、結局フィリピンを支配したいアメリカとのフィリピン=アメリカ戦争(1899~1902)により、あっけなくフィリピンの独立は潰されます。

ホセ=リサールとアギナルドが、登場する年代が近く混乱すると思いますが、スペインからの独立をホセ=リサールアメリカからの独立をアギナルドという風に覚えておけば、だいたいの問題に対応できると思います

■ベトナム
ベトナムは、フランス支配からの独立を目指してファン=ボイ=チャウ維新会を作り、日本に学ぼうというドンズー(東遊)運動を展開します。

これは皮肉にもフランスの要請を受けた日本によって潰されます。今の日本も中国に配慮して、香港の人権弾圧に何も言わないことに似ていますね

当時のアジア諸国は、同じアジアである日本が、日露戦争(1904~1905)勝利したことに勇気づけられ、奮い立っている状況なのですが、その諸国を支援する余裕がない状態です。日本から見ると、辛いですね。。

ただファン=ボイ=チャウは、諦めずに中国の広東で、1912年ベトナム光復会を作って、独立の火を絶やさないように尽力したことも覚えておいてください。受験生もネバーギブアップです!!

-ファン=ボイ=チャウ-
2019-12-15_12-12_No-00

■講義 part81 -東南アジアの植民地化-
http://world-history.blog.jp/archives/8865523.html

■トルコ

西アジアでは、「イスラムで団結し、独立していこう」というパン=イスラーム主義が、アフガーニーを中心にして盛り上がります。

当時のオスマン帝国も、この影響をうけてきます。アブデュルハミト2世1876年に近代的なミドハト憲法制定しますが、露土戦争を口実にこれを廃止し、パン=イスラーム主義で行こうといいつつ、昔ながらの方法で国を統治したため、「青年トルコ人」といわれるトルコの改革派の反発を買ってしまいます。

彼らは「統一と進歩団」を結成し、1908年青年トルコ革命に成功し、王様から実権を奪い、憲法復活の承認を取り付けました

■講義 part78 -衰退期のオスマン帝国-
http://world-history.blog.jp/archives/8748817.html

■イラン
アフガーニーの影響で、イランも列強の支配に抵抗します。当時のカージャール朝(1796~1925)は、イギリスにタバコ利権を奪われて、へろへろだったので、それに怒ったイラン国民は、タバコ=ボイコット運動(1891~1892)を展開することで、イギリスに対抗しました。

もう王朝では、国を守れないということでイラン立憲革命(1905~1911)が推進されますが、イギリスに加え、ロシアも介入してきたため、この運動も鎮圧されます。

弱小国に厳しい時代ですね

■講義 part79 -中東・中央アジアの動向(サウジアラビア・イラン・アフガニスタン)-
http://world-history.blog.jp/archives/8786839.html

東南アジアは、のきなみヨーロッパ諸国の餌食になります

■インドネシア
すでに説明しましたが、アンボイナ事件(1623)によって、オランダの勢力化に入っています。当時のインドネシアには、イスラム教のマタラム王国(16世紀末~1755)がありましたが、オランダに滅ぼされます

その後着任したファン=デン=ボス(在任1830~33)が強制栽培制度を行い、コーヒー・サトウキビ・藍を生産させました

スマトラ北部にあったアチェ王国(15世紀末~20世紀初)とのアチェ戦争(1873~1912)もありましたが、オランダはインドネシアの利権を維持します

-アチェ-
2014-6-27_14-24-30

■講義 part29 -東南アジア(ミャンマー・インドネシア)-
http://world-history.blog.jp/archives/1887985.html
※マタラム王国

■講義 part56 -ヨーロッパ諸国の海外進出-
http://world-history.blog.jp/archives/4392809.html
※アンボイナ事件・強制栽培

■ミャンマー
前回、説明しましたが、イギリスインドを軸に領土を拡大していきます。ミャンマーは、イギリスの隣国ですから、ココはイギリスが進出してきます

2014-6-27_14-36-15

コンバウン朝(1752~1885)は、ビルマ(ミャンマー)戦争(1824~26、52~53、85~86)の結果、滅亡します。その後のミャンマーは、1886年にインド帝国へ併合されます

■シンガポール・マレーシア
この地域もイギリスが、手を付けます。ラフッルズという植民地行政官は、シンガポールの地理的優位性に目を付けて、1819年にここを買収します

今現在でも、東南アジアの情報が一番集まり、ビジネスチャンスがあるのは、シンガポールですから、凄い判断だと思います

さらに1826年には、周辺のペナン島・マラッカを併せて、海峡植民地に格上げします。1895年には、さらに領土を拡大し、マレー連合州(マライ連邦)としました。その後、ゴム=プランテーションが発達します

-ペナン島・マラッカ・シンガポール-
2014-6-27_14-53-50

■ベトナム・ラオス・カンボジア
イギリスインドを軸に領土を拡大していくのに対し、フランスベトナムを軸に領土を拡大すると覚えておいてください

ベトナムの最後の王朝は、阮朝(1802~1945)でしたね。ここに宣教師殺害を口実に戦争を仕掛けたのが、ナポレオン3世です。スペインとの共同出兵で、仏越戦争(1858~62)を起こします。結果、結んだ条約が、サイゴン条約です。内容を見ましょう

■サイゴン条約(1862)
・キリスト教布教の自由
・コーチシナ東部3省の割譲
・サイゴンの割譲

■講義 part28 -東南アジア(ベトナム・カンボジア・タイ)-
http://world-history.blog.jp/archives/1870544.html
※阮朝情報

■講義 part69 -フランスの第二帝政・第三共和政-
http://world-history.blog.jp/archives/6498346.html
※ナポレオン3世情報

さらに1863年には、カンボジアを保護国化ユエ条約(1883,84)によってベトナムの保護国化も決定します

これに黙っていないのが、中国のです。中国を説明するのは久々です。基本中国人の頭の中は、今現在でも、東南アジアは中国のと考えています。だからこそ、領土問題でベトナム・フィリピンが抵抗しても、彼らの中では、「うるせー、ハエだな」ぐらいの印象です

ユエ条約は、明らかに清の利権を侵害しています

清仏戦争(1884~85)が発生しますが、フランスに勝てるわけがありません天津条約(1885)によって、清は、ベトナムをフランスのものと認めます

この戦争の際、劉永福という人が黒旗軍という義勇軍を率いて、抵抗したこともレアですが、聞かれます。ちなみに彼は、広東省客家出身です

客家は、直接的な意味で「よそ者」を指すことから、移民のことです。多く山間部などの僻地に住んでいました。この人々が、中国人の中でも性格が特殊なので、覚えておいてください。今後、何度かでてきます

誰も文句を言わなくなった所で、フランスは自分の植民地をフランス領インドシナ(1887~1945)と命名します。1899年には、ここにラオスも編入させます

-フランス領インドシナ-
2014-6-27_15-50-27

ちなみにインドシナですが、インド+シナ(中国)=インドシナです。インドと中国の中間にあるよということです。インドネシアと間違わないでくださいね

■タイ
現在も続くラタナコーシン朝は、近代化につとめたラーマ5世(在位1868~1910)の活躍もあって、独立を維持しますが、地理的条件に恵まれていた要素を否定できません

イギリスとフランスは、領土拡大が進むと衝突が不可避となるので、タイを緩衝地帯として存続させました

2014-6-27_16-0-5

■講義 part28 -東南アジア(ベトナム・カンボジア・タイ)-
http://world-history.blog.jp/archives/1870544.html
ラタナコーシン朝情報

次回は、中国の植民地化(アヘン戦争・アロー戦争)いきます

東南アジア史の続きいきます
残りの国を解説します


ミャンマー
ミャンマーといえば、イラワディ川ですね

2013-12-27_20-7-10
8cには、チベット=ビルマ系の人がピューという国を作ってますが、
これはレアです。南詔が滅ぼしたと言われています


よく聞かれるのは、次のパガン朝(1044~1299)からです
ここからビルマ(ミャンマー)人の国です
セイロン島から入った上座部仏教の国です

に滅ぼされてます


次はトゥングー朝(1531~1752)
王朝名だけでよいです


最後がコンバウン(アラウンパヤー)朝です
1752~1885年までの王朝です

タイのアユタヤ朝を滅ぼしてますね。最後は、イギリスの植民地になります
パガン⇒トゥングー⇒コンバウンで覚えましょう

インドネシア
インドネシアは、海洋国家です
主要な島は、スマトラ島ジャワ島で展開されます

2013-12-27_21-26-30

まず、よく聞かれるのがシュリーヴィジャヤ(7~14c)です
長く続いていますね。拠点はスマトラ島です
中国名は、室利仏逝です。唐のお坊さん、義浄が帰り道に寄りましたね

都は、パレンバンです。ここは、大乗仏教の国です


ジャワ島では、シャイレンドラ朝(8c中~9c前)がありました
この王朝で聞かれるのはただ一つ、ボロブドゥールの遺跡です

カンボジアのアンコール=ワットと似ていて紛らわしいので、注意してください
2013-12-27_0-40-12

レア系の王朝は、シンガサリ朝で、元の朝貢要求を拒絶したため、
ジャワ遠征のきっかけを作ってます。これだけ聞かれます


ジャワにできた本格的な国は、マジャパヒト王国(1293~1520頃)です
ヒンドゥー教国家です
元軍を退けましたが、鄭和の南海諸国遠征以後は、朝貢関係をと結んでいます


同時期にマレー半島にいたのが、マラッカ王国(14c末~1511)です
イスラム教国家です
マレー半島というくらいですから、この国はマレーシア史に組み込まれると思います

鄭和の影響で朝貢関係を持ち、最後はポルトガルにやられてます


インドネシアで最後に覚えるのは、マタラム王国(16c末~1755)です
イスラム教国家です。この影響で、インドネシアは今もイスラムです

オランダに滅ぼされます


インドネシアは、
シュリーヴィジャヤ⇒マジャパヒト⇒マタラム
これが基本形です。付属でシャイレンドラとマラッカを覚えましょう


■フィリピン
最後にフィリピンを少し、特に王朝とかは聞かれません
初めて世界一周したといわれるマゼランが来て以後は、スペイン領です
植民地の権限は、アメリカに移行し、その後独立して現在です


東南アジア史は、以上です。そんなに覚える量はないですよね?
まず各国の主要王朝覚えるそこがです
ここをキッチリ覚えておけば、必ず得点UPが期待できます


次回、イスラム世界になります

それでは、東南アジア史を始めます
東南アジア史は、正直点取りエリアだと思います


だいたい受験生の皆さんは、ヨーロッパと中国史で精いっぱいで、
他の地域にまで余力がないと思います


相対的に勉強時間の少ない所に、苦手意識を持つのは錯覚です
覚えるべき量も少ないですから、ぜひ点取りポイントにしていってください


コツは、国単位で覚えることです
なので、国単位で説明します


ベトナム
南ベトナムには、チャンパー(2c~17c)という王朝がありました
後漢から独立して成立しました

特にベトナム史は、中国との関連で聞かれますので、そこに注目してください

チャンパーは、中国名が変わっていきます
林邑⇒環王⇒占城
以上のように変わります


環王は8c中頃、占城は9c後半から使われた中国名ですから、唐(618~907)の年代にあわせて、唐の初めまでは林邑、中頃が環王、唐の末期から占城が使われていると覚えてください


この覚え方がキツイと思った人は、ひとまず林邑占城だけ覚えて、
唐以前が林邑、唐以後が占城で覚えても十分戦えます
中国にいった占城米は、ココから輸出されてます


最終的には、北ベトナムの黎朝に滅ぼされました


北ベトナムは、最初は中国に占領されていましたね
秦では南海郡から監視され、前漢では武帝が南越を征服して、
日南郡(ユエ)を置いてます。後漢では、徴姉妹の乱(40)もありましたね


唐では安南都護府が、ハノイに置かれてます

ベトナムで聞かれる都は、3つしかありません
しっかり覚えてください


それは、ハノイ・ユエ・ホーチミン(サイゴン)です
北部・中部・南部と解かりやすく配置されているので、理解は速いです

2013-12-26_22-52-3

中国の支配権から脱した初めての長期王朝は、大越国(李朝)です
1009~1225年まで続きます。李公蘊が建国しました。都は昇竜(ハノイ)です


漢字表記ですが、ベトナム人です
ベトナムは、現在にいたるまで中国とのつながりが深いです
それは、いい意味・悪い意味両方あります


文化の影響を受けているし、侵略されもしています
そのため、李朝は仏教・儒教を重んじています


次が、陳朝(1225~1400)です
都は、ハノイです
漢字をもとに字喃という独自文字を作り、史書「大越史記」を残した王朝です
元と戦って退けたことも覚えましょう


その次の王朝いきます
明に滅ぼされた陳の後に、明から独立したのが黎朝(1428~1527,1532~1789)です
一時、王権を奪われた時期がありますが、聞かれません

都は同じくハノイです。朱子学の影響を受けてます
一番聞かれるのは、南ベトナムのチャンパーを征服したことですね

最後は、西山党の乱(1773)が起こり、滅びました

西山朝(1778~1802)自体は、短期で滅びます


その後、フランス人ピニョーの支援でできたのが、阮朝(1802~1945)です
王は、阮福暎です。都はユエです。国号は、越南です

切羽詰まったら、都はハノイでいいですが、阮はユエなのに注意です

当初は、清が宗主国でしたが、最終的にはフランスの植民地になります


ベトナムがフランスの植民地だったことを知っているのは、一般人では少ないですが、
フランスに行くと、この縁でフランスに留学している人にポツポツ会います

北ベトナムは、李⇒陳⇒黎⇒阮をおさえれば、イケます

カンボジア
ベトナム史は、けっこう東南アジアでは長いほうで、カンボジアは覚える内容は少ないです

まずは川を覚えてください

カンボジアといえばメコン川です

2013-12-27_0-27-25

最初の王朝は、扶南(1~2c)です。クメール人の国になります
当時の町で有名なのが、海港都市オケオです
ローマ帝国の金貨などが出土しています


次が真臘(6~15c)です。これもクメール人の国です
扶南を滅ぼして、建国しています。宗教はヒンドゥー教です

都はアンコール=トムで、とにかく有名な寺院がアンコール=ワットです
センター試験で東南アジア史を聞かれたら、確実に画像問題でます
2013-12-27_0-40-12

これは最盛期の王、ジャヤヴァルマン2世によって造営しました

カンボジアは、これぐらいです

扶南⇒真臘だけでいけます


タイ
有名な川は、チャオプラヤ川です
2013-12-27_2-24-17

6~8cにあったモン人の王国は、ドヴァーラヴァティといいます

宗教は、上座部仏教です。唐と朝貢関係でした

この国は、けっこう聞かれるのはレアです


聞かれるのは、スコータイ朝(1257~15c)からです
ここからずっとタイ人の王朝です
最盛期は、ラームカムヘンで、国教は上座部仏教です
タイ文字を作成しています


次の王朝は、アユタヤ朝(1351~1757)です
ここで聞かれるのは、日本人です。江戸の人で、山田長政といいます
日本町を作って、タイで有力者になりました


ミャンマーのコンバウン朝によって滅んでます


最後は、ラタナコーシン(チャクリ)朝です
1782年から始まり、現在も続いています。つまりタイは、まだ名目上は王朝です

創始者はラーマ1世で、最盛期は、ラーマ5世(チュラロンコーン)です
在位が1853~1910年です。つまり植民地化の時代にうまく独立を維持した王です


スコータイ朝⇒アユタヤ朝⇒ラタナコーシン朝の流れです


今回のように東南アジアは、主要王朝を覚えて、王様を少し覚えれば、
だいたい戦えますよ。恐れることはりません。頑張りましょう


次回も東南アジア行きます

このページのトップヘ