世界史サロン

元教師がおくる世界史講義と、ニュースを世界史で読み解くブログ

カテゴリ:ニュース > ヨーロッパ

それでは、ひさびさのニュースの解説ですクリミア問題いきましょう

大学受験の問題は、までにできると言われますから、受験生の方は、この話に絡んだクリミア戦争冷戦などの現代史を勉強することを強くオススメします。時事問題に絡めた出題は、王道です

■講義 part72 -ロシアの改革と東方問題-
http://world-history.blog.jp/archives/7210555.html
※クリミア戦争情報

このニュースは、現在の世界情勢を把握するうえで、もっとも良い教材だと思います。概要については、下の記事でだいたい理解できると思います

-「クリミア問題」何をもって独立なの? /早稲田塾講師 坂東太郎のよくわかる時事用語-
2014.03.17 11:00
http://thepage.jp/detail/20140317-00000004-wordleaf?page=1

めっちゃ簡単に説明すると、ロシアにとってウクライナ子分と思っていたけど、EU側に行こうとしてキレたということです

ロシアの意識では、ロシアの息のかかったセヴァストーポリや、その他の軍事基地が集中しており、ロシアを守る壁として、ウクライナは絶対死守ラインの場所です

現ウクライナ政権は、あからさまにEUよりで、反ロシアです。公務員の採用試験では、ウクライナ語の使用のみを義務付けており、ロシア語しか話せない東ウクライナは、ウクライナにいながら、今後差別的待遇を受けることは明らかですさらにこの政権、クーデタで権力を奪取しており、正統性いかがわしいです

子供向けアニメの世界なら、どちらが良いものなのかハッキリしてるんですが、今回はウクライナ・ロシアともに問題を抱えていたと思います

プーチン(在任2000~08、12~)は、このウクライナの過激さに攻撃理由を見つけたわけです。「ロシア系住民の保護」を主張し、クリミアに軍を派遣し、占領に成功します

-プーチン-
2014-5-30_16-6-40

-クリミア-
2014-5-30_16-18-47

そして今後重要になってくるのが、東ウクライナ侵攻するかどうかです…ロシアは、経済制裁を恐れています

ここに必要になるのは新たな理由です。今後、東ウクライナ大量虐殺が発生した場合、「ロシア系住民の保護」を再度主張すると思います

そして、今回のクリミア問題をじっくり研究していた国があります。それは中国です。理由はどうあれ、ロシアは非合法な方法で、領土を拡張しました

中国は、侵略方法3つほど学んだと思います

①アメリカの行動を分析する…ロシアはシリア問題で、アメリカが軍事侵攻しないと判断したと思います

■ニュース part3 -シリア問題-
http://world-history.blog.jp/archives/1948621.html

②軍隊を送る際は、正体不明にして時間を稼ぐ…クリミア侵攻時に正体不明の集団が、クリミアを占領しています。ロシア軍であることは明らかですが、証拠集めに時間がかかり、占領の時間を稼げます

③常任理事国に、国連は無力…国連によって非難決議をしたり、国連軍を派遣しようにも、ロシアは拒否権を持つため、決議は絶対通りません。常任理事国による全会一致が原則です

ここに学び、まず弱小国相手に情報サンプル集めをしているのが、現在の中国です

-「石油施設、中国船100隻」南シナ海一触即発(ニュース)-
2014年05月28日 07時27分
http://www.yomiuri.co.jp/world/20140527-OYT1T50168.html

本番は、尖閣諸島だと思います。アメリカの動向を伺いつつ、正体不明の船で、島を占領。国連決議をだそうにも、拒否権で無効化。これで占領を完了し、日本を屈服させられれば、東南アジアも黙るだろうというのが、彼らの意図です

日本もバカじゃないので、防衛力を増すため、無理してでも通そうとしてるのが、現在の集団的自衛権の問題です

-「日米指針再改定までに」 集団的自衛権 首相、行使容認の閣議決定(ニュース)-
2014.5.30 13:48
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140530/plc14053013480019-n1.htm

ここからは、私の歴史認識を話します。まず第二次世界大戦は三国志の時代でした

2014-5-30_17-29-41

ファシズムは、全体主義ともいいます。質的に違いがあるんですが、日本も全体主義の陣営にいました。この陣営のドイツ・イタリア・日本が負けます。ちなみにイタリアは、途中で裏切り、ちゃっかり戦勝国です。結果生まれたのが、冷戦という状態です。戦争で欧州は疲弊し、自由主義陣営を引っ張るのはアメリカ、社会主義はソ連になりました

2014-5-30_17-42-25

そのソ連が、1991年に崩壊し、アメリカ一人勝ち状態が続きます

2014-5-30_17-39-40

2014年というのは、アメリカの一人勝ちが終わった年だというのが、私の見解です。日本でも、暴力団の勢力が減少すると、半グレといわれる集団がでてきました

世界も、強烈に強い国がいなくなると、ほどほどの暴力を持った国が、悪さをするというのが現実のようです秩序は、暴力の上に成り立つという現実にガッカリです

世界の人も、冷戦後にある戦いは、テロのようなイレギュラーなものでしかなく、国家間の紛争はなくなるとふんでいました

それが、この事態です帝国主義的な国家の復活です歴史の逆行ですね

ちなみに帝国主義とは、ジャイアンのように、無理矢理言うことをきかせて、自分のものにする傾向をもった国を指します。生徒には、ジャイアニズムと名付けて、説明していました

-ジャイアン-
2014-5-30_18-4-44

帝国主義は、の間にはブログにアップできると思います

次回は、アメリカの南北戦争です

-旗色悪い独立派=9月にスコットランド住民投票
-理念より「実利優先」の戦い・英-


【ロンドン時事】
英国北部のスコットランド独立の是非を問う住民投票9月18日に実施される。
独立が承認されれば、南スーダン(2011年独立)に次ぐ194番目の国連加盟国が16年3月に誕生する。

しかし、住民全体が独立に熱心というわけではなく、独立派の旗色は悪い。
最終的には、民族的アイデンティティーといった理念より、「独立と英残留どちらが得か」を住民がどう判断するかがカギとなりそうだ。

独立派を率いるのはスコットランド自治政府の与党スコットランド民族党(SNP)。独立を党是にして着実に勢力を伸ばし、11年のスコットランド議会選挙で単独過半数を獲得した。だが、住民の独立支持率は過去の世論調査で25~40%程度にとどまっている。


こうした中、独立を推進する自治政府は、住民が「経済的な実利がある」と確信すれば、世論は大きく独立に向かう可能性があるとみて、独立の経済的メリットを宣伝する作戦に出ている。

独立の青写真を描いた白書「スコットランドの未来」の中で、自治政府は光熱費の5%引き下げや税負担軽減などをちりばめた。

しかし、それでも独立への支持拡大していない

反対派は、独立によるデメリットを意図的に強調する「恐怖作戦」を展開。「税負担が増加する」「大手スーパーはスコットランドの店舗で値上げの意向だ」といった見方が連日のように流され、独立に対する住民の懐疑は根強いようだ。(2013/12/31-17:54)


■引用元
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201312/2013123100172

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2014-1-7_16-23-54

選挙が2014年の9月にあるそうです

この問題、ゲルマン大移動と関連してますね
もともとイギリスには、ケルト人が住んでいましたが、ゲルマンの一派であるアングロ=サクソン人がやってきます


結果、追いやられてできた国がスコットランド・ウェールズ・アイルランドになってます
そのしこりが、現在も残っているのがスコットランドの独立問題ですね

2014-1-7_16-34-30

ただニュースの流れを見るに、独立派は多数派を形成していませんね。イギリスはすでに民主主義が根づいている国ですから、独立のメリット・デメリットを考えているはずです

スコットランド人が自意識を持つために、独立が一番解かりやすいと思いますが、あまりメリットがないと思います


これからは細分化よりも、統合化の流れです。EUTPPなんかも、統合化の流れを組んでますね
別に独立しなくても、彼らのアイデンティティ維持できると思います


中国が支配しているチベットなんかは、明らかな侵略行為なので、独立に賛成できますが、スコットランドの場合はイギリスと共存する道を選ぶと思います

スコットランド人が、独立を主張したのは、北海油田の利権が絡んでいると思います

石油は、莫大な富を産みますよね。スコットランドは、ココの利権を持っています

そのため、独立してもやっていける自信があるのだと思います

こんな話がでるあたり、少なくとも100年前までトップを走っていたイギリスの栄光は、もう影も形もないですね…


■参考リンク
講義 part32 -ゲルマン大移動-
http://world-history.blog.jp/archives/2041598.html

このページのトップヘ