世界史サロン

元教師・今社長がおくる世界史講義と、ニュースを世界史で読み解くブログ

カテゴリ: 近代ヨーロッパ

ロシアは、帝国主義時代にガタガタと、政治システムが変わっていく時代です

まだ説明していないですが、キッカケは日露戦争(1904~05)です。これで、ロシアは王政の変更を余儀なくされます

まず社会主義の勢力が、大きく伸長します。ロシア社会民主労働党が、まずでますが、意見の対立で、ボルシェヴィキメンシェヴィキに分かれます

メンシェヴィキの方が、段階的な改革を望み、ブルジョワ勢力も取り込んでいます。指導者は、プレハーノフマルトフです。ボルシェヴィキの指導者は、レーニンです

-レーニン-
2014-8-25_17-18-13

他にも過激な社会主義集団、社会革命党(エス=エル)というのもあります。これは、ナロードニキの流れを組んでいます

■講義 part72 -ロシアの改革と東方問題-
http://world-history.blog.jp/archives/7210555.html
※ナロードニキ情報

もちろんブルジョワ政党もあります。それは、立憲民主党です
これらの政党が、主導権争いを行います

結局の所、戦争は長続きすると、優勢だろうが、劣勢だろうが、国民の不満は鬱積します。明日食べるゴハンも、苦しむ状態になりますからね

さらにアジアなんて雑魚と思っている欧米の人にとって、簡単に日本を追い込めないロシアの状態に、国民は我慢なりません

これらの不満は、ペテルブルク冬宮前のデモにつながります。率いていたのは、ガポンという神父です。このデモを鎮圧するために、軍隊は武力で鎮圧します

これで多くの死者がうまれ、ロシア皇帝憎しの感情が作られていきます。これを血の日曜日事件(1905年1月)といいます

これがキッカケとなり、各地が暴動です。当時の皇帝ニコライ2世(在位1894~1917)はビビりますこの暴動鎮圧の責任者となったのが、ヴィッテです。彼は、日露戦争を終わらせたポーツマス会議での責任者でもあります

まず、原因を考えるとわかりますが、デモのキッカケは戦争です。これを止めるのが第一です。これを放置している間、軍隊すら暴動に参加しています

これをポチョムキン号の反乱(1905年6月)といいます

いよいよ皇帝の首が危ないですロシアは戦争継続を断念します。ポーツマス条約(1905年9月)に調印します

しかし、これだけでは無理です。戦争に負けているからです。責任は誰でしょう?どうみても皇帝になります。国民を納得させるアメでもない限り、止まりません

そこでニコライ2世は、十月宣言(1905年10月)を発表し、ドゥーマ(国会)の開設と、憲法の制定を認めます

血の日曜日事件から、ここまでの流れを第一次ロシア革命といいます

血の日曜日事件⇒ポチョムキン号の反乱⇒ポーツマス条約⇒十月宣言

並べ替え問題があれば、年号暗記がなくても、当時の流れを覚えいれば解答できます。上記の流れを自分で説明できるようにしていてくださいね

ここで力を持ったのは、立憲民主党です。ヴィッテも彼らの路線を支持しますが、皇帝は不満です。喉元すぎれば、ナントカで、自分以外の者が権力を持つことが納得できません

1906年に首相だったヴィッテを解任し、ストルイピン(在任1906~11)をあらたに任命します。これで、立憲民主党も支持者を失い、力がなくなります

ストルイピンは、暴動の芽が、ミールから生まれると考えていました。ミールは農村共同体ですね。農民は貧しい人多いですから、社会主義の影響を受けやすいです

ミールをつぶし、自立した農民を増やせば国力もあがると考えました

■講義 part72 -ロシアの改革と東方問題-
http://world-history.blog.jp/archives/7210555.html
※ミール情報

この考え、ちょっと浅薄だったと思います。ミールは、国が何も助けてくれないなかで、弱い彼らが何とか生きていくためのだったことを理解できていません

ストルイピンは、貴族出身ですから、経済的なものだけで、物を見過ぎたと思います。ただ、彼はミールを潰せば、暴動が減って、経済力もつくと思ってますから、ミール解体を断行します

最後のセーフティーネットを砕かれたわけですから、農民に貧富の格差が増大します。ここで儲かった一部の人はいいですが、頼るもののない農民は困窮し、さらに憎しみを増大させるわけです

またストルイピンは、いろいろルールを変更して、自分に操縦しやすい国会を作りました。立憲民主党や社会主革命党などは、そこで議席を失います

ほうぼうに憎まれたストルイピンは、最終的に暗殺されてしまいます

彼のやろうとしたことは理解できますが、ロシアの流れを大局から判断して、適切に行動できるまでの才覚はなかったと思います

ロシアの矛盾は解消されず、不満のマグマが溜まり、次の革命を待つことになります

次回は、帝国主義時代(アメリカ)です

今日、フィリピンは祝日なので、更新します

■ドイツ
ドイツの帝国主義行きましょう

正直、ココからドイツは泥沼ですまず私も個人的に好きなビスマルクが、退陣します(1890)その後に出てくるのが、ヴィルヘルム2世(在位1888~1918)です

■講義 part68 -ドイツの統一-
http://world-history.blog.jp/archives/6184102.html
※ビスマルク情報

自分は、結果論で考えます。ヴィルヘルム2世を擁護する人もいますが、彼はドイツを追い込んだ責任者であり、後のヒトラーを生むトリガーの役割を果たしています

なぜ、こうなるかというと、彼が首相でなく、国王だった点にあります。この場合、国家=国王になります。行き着く先は、拡大路線です

これはイギリスやロシアとの衝突と同じ言葉です…

-ヴィルヘルム2世-
2014-7-29_11-35-17
※By Wikipedia

私は、マックス=ヴェーバー「職業としての政治」から、分析すると、ヴィルヘルム2世は結果責任を果たしていません

※ちなみに、この本は受験では聞かれません。プロテスタントのマインドと資本主義を研究した「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」のほうが聞かれます

正直、国をまとめる人は「そういう気持ちでやってなかった…」と言い訳がましいことを言うべきでありません。すべては、結果で判断されるべきです


彼には、理想主義者の面が強いです。それが顕著に現れたのが、社会主義者鎮圧法の廃止です(1890)。これで社会主義勢力が、強大な力を持ちます

ビスマルクは、この勢力を危険視していまいた。国家運営において、不安定要素と捉えていたわけです。彼らのうちの大半は、労働者の立場にたって行動してますから、悪くはないと思います

ただ、無政府主義者のように、国家転覆を計る勢力もいたので、コントロールが難しい勢力です。インターナショナルのように国家を越えて連結しますからね

これは、少なからず今の日本も抱えている問題です。機会があれば、別枠で説明します。社会主義については、一言で語れない一長一短があります

■講義 part77 -19世紀の欧米文化史④(探検・国際的諸運動)-
http://world-history.blog.jp/archives/8659280.html
※インターナショナル情報

少なくとも、ヴィルヘルム2世の選択は、社会主義勢力を爆発的に増やしました。まず有力な組織としてはラサール率いる全ドイツ労働者協会(ラサール派)とベーベル率いる社会民主労働者党(アイゼナハ派)があります

1875年、これが合併して、ゴータ綱領をもとに、ドイツ社会主義労働者党が結成されます。これに呼応しての社会主義者鎮圧法(1878~90)です

これで歯止めをかけようとしていましたが、これが外れます

1891年、エルフルト綱領に基づき、ドイツ社会主義労働者党はドイツ社会民主党に改称されます。この政党は、現在のドイツでも有力な政党です

全ドイツ労働者協会(ラサール派) + 社会民主労働者党(アイゼナハ派) = ドイツ社会主義労働者党 ⇒ ドイツ社会民主党

今のメルケル首相(在任2005~)の前の、シュレーダー(在任1998~2005)はドイツ社会民主党出身です

-シュレーダー-
2014-7-29_12-24-51

次回、帝国主義時代(ロシア)行きます

帝国主義時代のフランスは、第三共和政(1870~1940)の時代です。ナポレオン3世が、ビスマルクに負けてしまい、この体制が始まります

■講義 part68 -ドイツの統一-
http://world-history.blog.jp/archives/6184102.html
※ビスマルク情報

■講義 part69 -フランスの第二帝政・第三共和政-
http://world-history.blog.jp/archives/6498346.html
※ナポレオン3世情報

19世紀末
あたりのフランスは、イギリスと植民地獲得をめぐって、揉めています。アフリカ・東南アジアで、けっこうぶつかります

さらにビスマルク外交のおかげで、フランスは有力な同盟国持てず苦しんでいましたフランスにとって幸いだったのは、ビスマルクが国王と揉めて、退位(1890)したことです

これで展開が変わります。即座に露仏同盟(1891~94)が結ばれます

このような中で、2つの大きな事件がフランスで起きます。それがブーランジェ事件(1887~89)とドレフュス事件(1894~99)です

ブーランジェ事件は、クーデタ未遂事件です。クーデタ(coup d'État)は、実はフランス語です。直訳すると「国をぶっとばす」です

ブーランジェの身分は、軍人です。彼は、ドイツに負けた国民の悔しさを利用して、国のトップになろうとしました。これで、けっこう国が揺れましたが、失敗しています

次の事件は、反ユダヤ主義、つまり差別とリンクしています。ユダヤ人のドレフュスが、スパイとして、捕まりまりましたが、真犯人が捕まり、彼は無実と軍部はわかります

しかし、面子のため、彼のユダヤ人という素性を利用して、フランス人の差別感情を煽り、あくまでドレフュスを犯人にして、押し切ろうとしました

下画像は、軍人の権利を剥奪されて、剣を折られているドレフュスの図です。中央左手が、ドレフュスです

-ドレフュス事件-
2014-7-26_14-57-17
※wikipedhia

まず差別ですが、欧米人にはユダヤ人への差別意識があります。日本人には、これが本当に理解できません。キリスト教の歴史と密接に関わっている問題です

ユダヤ人は、ユダヤ教という固有の宗教を持っており、キリスト教と違います。相違点は、簡単です。「救世主として、イエスを認めるか、認めないか」です

ユダヤ人は、最後の救世主をいまだ待ち望む宗教です

■講義 part15 -ローマ文化史-
http://world-history.blog.jp/archives/1512252.html
※キリスト教史

ここが、キリスト教が大半を占める欧米で、嫌がられる根拠です。

19世紀ともなると、こういった差別意識と戦う人々がでてきます。有名人は、自然主義作家のゾラです。「居酒屋」で有名でしたね。彼が、この非道に猛烈に抗議します


-ゾラ-
2014-7-26_17-56-31


■講義 part74 -19世紀の欧米文化史①(文学・美術)-
http://world-history.blog.jp/archives/7728455.html
※ゾラ情報

他にも、政治家のクレマンソー(在任1906~09、17~20)もドレフュス側にたちました。彼は、後にフランスの首相まで上り詰めます

彼らの努力もあり、ドレフュスは無実となります

語呂です
白紙(1894)に戻そう、ドレフュス事件

これを見たヘルツルという人は、ユダヤ人国家の建設を運動化させるシオニズムを行うことになります。結果として、これでイスラエルが建国されますから、ドレフュス事件の歴史的重みは、凄いと思います

この時期は、労働組合も盛んです。フランス最大の組合は、労働総同盟(CGT)といいます。彼らは議会主義を否定し、過激に労働者の権利を求めていきました

これを、サンディカリズムといいます

このような中で、2つの有名な社会主義政党が生まれます。それが小ブルジョワ・小農民を支持基盤とする急進社会党と、第2インターナショナルがきっかけで結成されたフランス社会党ができます

フランス社会党は、今の社会党の原型になっていきます。ちなみに今のフランス大統領は、社会党のオランド(在任2012~)です

-オランド-
2014-7-26_18-28-6

■講義 part77 -19世紀の欧米文化史④(探検・国際的諸運動)-
http://world-history.blog.jp/archives/8659280.html
※第2インターナショナル情報

次回は、帝国主義時代(ドイツ・ロシア)行きましょう

さて、帝国主義((始まり1870~1890頃)~第一次世界大戦)について語りましょう

簡単にいうと、軍事力で無理矢理、他国を服従させて、自国の利益を増やす方式です。かつて、ジャイアンに似ていると説明しました

ニュース part5 -クリミア問題-
http://world-history.blog.jp/archives/7333122.html

この時代の経済と軍事は、密接にリンクしてます。今のアメリカにも、この傾向は強いです。産業革命以後、世界経済は凄い勢いで拡大していました

また莫大なお金を集めた会社は、より大きくなるため、3つの形態を取りました。それは、カルテル・トラスト・コンツェルンです

カルテル…企業連合。同一業種の企業が、価格・生産量などを調整して、お互いの利益を守る状態

※日本では意図的なカルテルは、独占禁止法に引っかかりますが、自動販売機のジュースの値段が130円で、ほぼ統一されていたり、新聞の値段も一律だったりとグレーです

トラスト…企業合同。同一業種の合併のことです。世界史では、スタンダード石油会社(アメリカ)のトラストが有名です

※これもやり過ぎると、独占禁止法に引っかかります。例えば、携帯のドコモとAUが合併したら、携帯会社同士の正常な競争は難しいため、公正取引委員会は、指導すると思います

コンツェルン…他業種を同一の資本で統一する形態です。財閥といわれるものです

会社は利益を上げると、産業資本というものをため込みます。また会社のお金だけでは、大規模事業を行えませんから、銀行からお金を借ります。このお金を銀行資本といいます

この2つがあわさって、金融資本となります

このお金を使って、順調に行くと、国家に影響力を持つほどの巨大企業になります。これが独占資本の形態です

産業資本 + 銀行資本 = 金融資本 ⇒ 独占資本

こうやって影響力を持った企業の後押しをうけ、国家は弱い国家を服従させていくわけです。そして帝国主義時代には、経済の転換点でもありました

それが、第二次産業革命です。ここでの主役は、ドイツアメリカです。第一次産業革命での動力源は、蒸気力と石炭でしたが、この時は電力・石油です

第一次産業革命⇒第二次産業革命
工業:軽工業⇒重工業
動力源:蒸気力・石炭⇒電力・石油


■イギリス
この時代のイギリスの動きを見ましょうトップを走るイギリスですが、ライバル国もかなり力をつけています。ここでイギリスがやったのは、スエズ運河株式の買収(1875)です

女の子の名前シリーズで、スエズ花子(1875)で、覚えます

この時の首相は、ディズレーリ(在任1868,74~80)です。ユダヤ系のロスチャイルド家の支援を受けます

-ディズレーリ-
2014-7-20_11-11-18

植民相のジェゼフ=チェンバレン(在任1895~1903)も南アフリカに進出し、南ア戦争を行ないます。イギリスの経済の要衝は、エジプト・南アフリカ・インドですから、ここを重点的に固めていきます

このように順調に経済が伸びれば、国民全体の経済力が上がります。今まで、発言力の低かった労働者も、自分の意見を政治に反映させようと動きます

バーナード=ショウウェッブ夫妻は、穏健な社会主義団体であるフェビアン協会を設立します

議会から労働者の権利獲得を目指すケア=ハーディーは、独立労働党を率いて頑張ります。

他にも有名な社会主義組織として、社会民主連盟があります。バラバラに活動してもダメですから、この3組織を統一していきます

1900年労働代表委員会として始まり、実際に選挙にメンバが政治家になってからは、労働党(1906)に改名します

フェビアン協会 + 独立労働党 + 社会民主連盟 = 労働代表委員会(1900) ⇒ 労働党(1906)

※労働党に変更された際、社会民主連盟は考え方の違いで、抜けています

ちなみに労働代表委員会の代表は、マクドナルド(在任1924、29~31)で、後に初の労働党出身の首相になります

最初のイギリスの二大政党は、保守党と自由党でしたが、自由党⇒労働党に立場が変わっていきます。

・イギリス二大政党
※1922年以降、現在まで自由党は与党になれていません
保守党 × 自由党 ⇒ 保守党 × 労働党

過去にも語りましたが、継続的にアイルランドは独立運動を起こしています。特に1905年に結成されたシン=フェイン党は、アルスター地方などで運動を続け、1916年イースター蜂起を支援しています

-アルスター-
2014-7-20_12-7-30


■講義 part70 -イギリスのヴィクトリア時代-
http://world-history.blog.jp/archives/6723571.html
※アイルランド独立運動情報

次回は、帝国主義時代(フランス)行きます

最近、文化史ばかりですが…今日が最後です

■探検
この時期、いろいろな所に探検家が向かいます。たとえばオランダのタスマンは、タスマニア島・ニュージーランド・フィジーを見つけてます

2014-6-25_7-4-58

イギリスのクックは、ベーリング海峡からニュージーランドを探検し、ハワイを見つけましたが、そこで先住民に殺されてます

スゥーデンヘディンは、中央アジアを探検し、楼蘭遺跡を見つけてます。スゥーデン人は凄いヒントですめったに聞かれない国籍なので、注意してください

-1世紀の中央アジア-
2014-6-25_7-15-53

中央アジア史なんか、まず受験生は勉強しないのですが、そこを有名大学は知っています。なので、早稲田慶應などは、このあたりかなり聞いてきます

次にイギリスのリヴィングストン行きます。彼はアフリカで、ヴィクトリア瀑布を見つけてます。瀑布は、のことです。地図を見てください。現在では滝の側にリヴィングストンという町があります

2014-6-25_7-25-17

彼はナイル川を探索中にいったん行方不明になります。それを発見したのが、アメリカ人のスタンリーです。彼はコンゴを探索したりもしてます

次に北極・南極系です。初めて北極点に行ったのは、アメリカのピアリです。初めて南極点に行ったのは、ノルウェーのアムンゼンです。一か月遅れで2位で、南極点に行ったのがイギリスのスコットです

■国際的諸運動
この当時の運動で、一番デカイのは社会主義運動です。世界各地の社会主義を集める組織をインターナショナルといいます。これ3つの段階があります

最初が、第1インターナショナル(1864~76)で、ロンドンで結成されます。まぁ、産業革命で生まれた弊害をいろいろ努力して、改善していたので、ロンドンで始まるのは理解できます。ここにマルクスも参加しており、このマルクス派の中の派閥で、プルードン派バクーニン派が対立して、この組織は解散します。ちなみにバクーニンは、無政府主義者です。政府なんていらねー派です

■講義 part66 -19世紀の自由主義・社会主義-
http://world-history.blog.jp/archives/6117577.html
※19世紀の社会主義情報

第2インターナショナル(1889~1914)は、パリで結成されます。ドイツ社会民主党が主導になります。1914年というのは、第一次世界大戦の年ですが、ここで解散するのは、国を越えた集まった彼らが、国同士でケンカになったからです。けっこうな皮肉です

第3インターナショナル(1919~1943)は、モスクワで結成されます。これは別名、コミンテルンといいます。ロシアが軸で、後にソ連になって、各国を吸収していきます。今度は第ニ次世界大戦を理由に解散します

あとは、看護婦の基盤を作ったナイティンゲール(1820~1910)を覚えましょう。彼女の聞かれるパターンは、決まってます。「クリミア戦争で活躍した看護婦は?」⇒ナイティンゲールです

■講義 part72 -ロシアの改革と東方問題-
http://world-history.blog.jp/archives/7210555.html
※クリミア戦争情報

彼女の取り組みは、伝記とかで読んだ人もいると思いますが、戦争中のケガ人への処置をどうするかという思いを世界に持たせました

結果、結成されたのが国際赤十字です。設立者は、スイスのデュナンです。敵味方関係なく救護する姿勢は、本当に素晴らしいと思います

国際オリンピックを設立した人は、フランスのクーベルタンです。このあたりで文化史は、終了です

次回は、衰退期のオスマン帝国いきます

このページのトップヘ