世界史サロン

元教師がおくる世界史講義と、ニュースを世界史で読み解くブログ

カテゴリ: 近代ヨーロッパ

さて、帝国主義((始まり1870~1890頃)~第一次世界大戦)について語りましょう

簡単にいうと、軍事力で無理矢理、他国を服従させて、自国の利益を増やす方式です。かつて、ジャイアンに似ていると説明しました

ニュース part5 -クリミア問題-
http://world-history.blog.jp/archives/7333122.html

この時代の経済と軍事は、密接にリンクしてます。今のアメリカにも、この傾向は強いです。産業革命以後、世界経済は凄い勢いで拡大していました

また莫大なお金を集めた会社は、より大きくなるため、3つの形態を取りました。それは、カルテル・トラスト・コンツェルンです

カルテル…企業連合。同一業種の企業が、価格・生産量などを調整して、お互いの利益を守る状態

※日本では意図的なカルテルは、独占禁止法に引っかかりますが、自動販売機のジュースの値段が130円で、ほぼ統一されていたり、新聞の値段も一律だったりとグレーです

トラスト…企業合同。同一業種の合併のことです。世界史では、スタンダード石油会社(アメリカ)のトラストが有名です

※これもやり過ぎると、独占禁止法に引っかかります。例えば、携帯のドコモとAUが合併したら、携帯会社同士の正常な競争は難しいため、公正取引委員会は、指導すると思います

コンツェルン…他業種を同一の資本で統一する形態です。財閥といわれるものです

会社は利益を上げると、産業資本というものをため込みます。また会社のお金だけでは、大規模事業を行えませんから、銀行からお金を借ります。このお金を銀行資本といいます

この2つがあわさって、金融資本となります

このお金を使って、順調に行くと、国家に影響力を持つほどの巨大企業になります。これが独占資本の形態です

産業資本 + 銀行資本 = 金融資本 ⇒ 独占資本

こうやって影響力を持った企業の後押しをうけ、国家は弱い国家を服従させていくわけです。そして帝国主義時代には、経済の転換点でもありました

それが、第二次産業革命です。ここでの主役は、ドイツアメリカです。第一次産業革命での動力源は、蒸気力と石炭でしたが、この時は電力・石油です

第一次産業革命⇒第二次産業革命
工業:軽工業⇒重工業
動力源:蒸気力・石炭⇒電力・石油


■イギリス
この時代のイギリスの動きを見ましょうトップを走るイギリスですが、ライバル国もかなり力をつけています。ここでイギリスがやったのは、スエズ運河株式の買収(1875)です

女の子の名前シリーズで、スエズ花子(1875)で、覚えます

この時の首相は、ディズレーリ(在任1868,74~80)です。ユダヤ系のロスチャイルド家の支援を受けます

-ディズレーリ-
2014-7-20_11-11-18

植民相のジェゼフ=チェンバレン(在任1895~1903)も南アフリカに進出し、南ア戦争を行ないます。イギリスの経済の要衝は、エジプト・南アフリカ・インドですから、ここを重点的に固めていきます

このように順調に経済が伸びれば、国民全体の経済力が上がります。今まで、発言力の低かった労働者も、自分の意見を政治に反映させようと動きます

バーナード=ショウウェッブ夫妻は、穏健な社会主義団体であるフェビアン協会を設立します

議会から労働者の権利獲得を目指すケア=ハーディーは、独立労働党を率いて頑張ります。

他にも有名な社会主義組織として、社会民主連盟があります。バラバラに活動してもダメですから、この3組織を統一していきます

1900年労働代表委員会として始まり、実際に選挙にメンバが政治家になってからは、労働党(1906)に改名します

フェビアン協会 + 独立労働党 + 社会民主連盟 = 労働代表委員会(1900) ⇒ 労働党(1906)

※労働党に変更された際、社会民主連盟は考え方の違いで、抜けています

ちなみに労働代表委員会の代表は、マクドナルド(在任1924、29~31)で、後に初の労働党出身の首相になります

最初のイギリスの二大政党は、保守党と自由党でしたが、自由党⇒労働党に立場が変わっていきます。

・イギリス二大政党
※1922年以降、現在まで自由党は与党になれていません
保守党 × 自由党 ⇒ 保守党 × 労働党

過去にも語りましたが、継続的にアイルランドは独立運動を起こしています。特に1905年に結成されたシン=フェイン党は、アルスター地方などで運動を続け、1916年イースター蜂起を支援しています

-アルスター-
2014-7-20_12-7-30


■講義 part70 -イギリスのヴィクトリア時代-
http://world-history.blog.jp/archives/6723571.html
※アイルランド独立運動情報

次回は、帝国主義時代(フランス)行きます

最近、文化史ばかりですが…今日が最後です

■探検
この時期、いろいろな所に探検家が向かいます。たとえばオランダのタスマンは、タスマニア島・ニュージーランド・フィジーを見つけてます

2014-6-25_7-4-58

イギリスのクックは、ベーリング海峡からニュージーランドを探検し、ハワイを見つけましたが、そこで先住民に殺されてます

スゥーデンヘディンは、中央アジアを探検し、楼蘭遺跡を見つけてます。スゥーデン人は凄いヒントですめったに聞かれない国籍なので、注意してください

-1世紀の中央アジア-
2014-6-25_7-15-53

中央アジア史なんか、まず受験生は勉強しないのですが、そこを有名大学は知っています。なので、早稲田慶應などは、このあたりかなり聞いてきます

次にイギリスのリヴィングストン行きます。彼はアフリカで、ヴィクトリア瀑布を見つけてます。瀑布は、のことです。地図を見てください。現在では滝の側にリヴィングストンという町があります

2014-6-25_7-25-17

彼はナイル川を探索中にいったん行方不明になります。それを発見したのが、アメリカ人のスタンリーです。彼はコンゴを探索したりもしてます

次に北極・南極系です。初めて北極点に行ったのは、アメリカのピアリです。初めて南極点に行ったのは、ノルウェーのアムンゼンです。一か月遅れで2位で、南極点に行ったのがイギリスのスコットです

■国際的諸運動
この当時の運動で、一番デカイのは社会主義運動です。世界各地の社会主義を集める組織をインターナショナルといいます。これ3つの段階があります

最初が、第1インターナショナル(1864~76)で、ロンドンで結成されます。まぁ、産業革命で生まれた弊害をいろいろ努力して、改善していたので、ロンドンで始まるのは理解できます。ここにマルクスも参加しており、このマルクス派の中の派閥で、プルードン派バクーニン派が対立して、この組織は解散します。ちなみにバクーニンは、無政府主義者です。政府なんていらねー派です

■講義 part66 -19世紀の自由主義・社会主義-
http://world-history.blog.jp/archives/6117577.html
※19世紀の社会主義情報

第2インターナショナル(1889~1914)は、パリで結成されます。ドイツ社会民主党が主導になります。1914年というのは、第一次世界大戦の年ですが、ここで解散するのは、国を越えた集まった彼らが、国同士でケンカになったからです。けっこうな皮肉です

第3インターナショナル(1919~1943)は、モスクワで結成されます。これは別名、コミンテルンといいます。ロシアが軸で、後にソ連になって、各国を吸収していきます。今度は第ニ次世界大戦を理由に解散します

あとは、看護婦の基盤を作ったナイティンゲール(1820~1910)を覚えましょう。彼女の聞かれるパターンは、決まってます。「クリミア戦争で活躍した看護婦は?」⇒ナイティンゲールです

■講義 part72 -ロシアの改革と東方問題-
http://world-history.blog.jp/archives/7210555.html
※クリミア戦争情報

彼女の取り組みは、伝記とかで読んだ人もいると思いますが、戦争中のケガ人への処置をどうするかという思いを世界に持たせました

結果、結成されたのが国際赤十字です。設立者は、スイスのデュナンです。敵味方関係なく救護する姿勢は、本当に素晴らしいと思います

国際オリンピックを設立した人は、フランスのクーベルタンです。このあたりで文化史は、終了です

次回は、衰退期のオスマン帝国いきます

さてTOEIC受験も終わったので、ブログ更新に集中します

■社会科学
まずは古典派経済学からいきます。これは資本主義の基本を作った人々の派閥です。だから、古典派です。アダム=スミス、マルサス、リカードなどが、この派閥です

アダム=スミス(1723~90)は、すでに触れてますね

■講義 part58 -17~18世紀のヨーロッパ文化史②(経済・建築・美術・音楽・文学)-
http://world-history.blog.jp/archives/4855189.html
※アダム=スミス情報

マルサスは、「人口論」で有名です。ここで、食糧は少しづつ増えるけど、子どもはドンドン増えて、歯止めが効かなくなり、戦争が起きますという主張をしています

まぁ、今の日本を見ればわかると思いますが、人口を減らす国は先進国に多いです。なので100%では信じられないですが、世界全体で見ると人口は増えているわけですから、マルサスの警告は、聞くに値すると思います

次にリカードです。「経済学および課税の原理」で、貿易って良いよねって言っています。これは、今でも通用する理論ですよね。貿易を否定する人はいないと思います。各国には、売れ筋の貿易商品があるから、それを売買すれば、お互い儲かるよねという理屈です。これ比較優位といいます

貿易には大きく分けて下の2つの派閥があります

自由貿易×保護貿易

今まであげた人は自由貿易側にたちますが、次にあげるリストは、保護貿易側です。彼はドイツの人です。このドイツということがポイントです

彼の主張は、ドイツのような後進国は、単純に貿易勝負したらイギリス・フランスなんかに勝てませんそのために関税をかけるなどして、自国の産業を保護しようというものです

今でも自由貿易は、世界中で求められていますが、基本どこの国も弱い産業には関税をかけています。なので現状は自由と保護のハイブリットともいえます

リストは、歴史から学び、この理論を導きだしたので、歴史学派経済学といわれます

次に歴史学の有名人です。「世界史」を書いたランケを覚えましょう。彼の歴史の書き方は、史料などをもとに脚色なく行う傾向があったため、最近の歴史学に近いです

なので、近代歴史学の確立者といわれます

■科学技術
ファラデーは、電磁気学で有名です。理科とかで勉強したと思います。金属に磁石を近づけると、金属にもN極やS極ができる電磁誘導を見つけたことで有名です

マイヤーヘルムホルツといえば、エネルギー保存の法則です。これも理科ですね。エネルギーは、別のエネルギーになっても量が変わらないってやつです。位置エネルギーとか、運動エネルギー
とか習ったと思います

次にあげる人は、X線を発見した人です。レントゲンといいます。病院とかで内部を写す時に使ってますね、X線を。レントゲンは、X線を使って、骨とか内臓を見てます

キュリー夫妻もいきましょう。彼らは、ラジウムを発見しています。温泉とかに含有されてますね。あとマイナーですが、ポロニウムも発見しています。これポーランド出身だから、ポロニウムです。前回も言いましたが、ポーランド人で聞かれるBIG3です

■講義 part55 -啓蒙専制君主(ロシア)とポーランド分割-
http://world-history.blog.jp/archives/4283924.html
※コシューシコ情報

■講義 part75 -19世紀の欧米文化史②(音楽・哲学)-
http://world-history.blog.jp/archives/7814348.html
※ショパン情報

ダーウィンもいきましょう。この人が欧米に与えた影響は、計り知れません。彼は猿から人間が進化したと考える進化論を唱えます

衰えたとはいえ、当時キリスト教の力は絶大です。神から人間は作られたと考えられていた時代、猿からの進化は衝撃的なわけです

アメリカでは、今でも受け入れられず半分ほどが進化論を教えないそうです

彼の著書は、「種の起源」です

-ダーウィン-
2014-6-23_18-14-45

エンドウ豆から遺伝の法則を発見したのが、メンデルです。生物の授業で勉強したと思います。

狂犬病の予防接種を発見したのは、パストゥールです。今でも年間10万人ほどが狂犬病で亡くなっています。特にインドはヒドイです

お金に余裕があれば、インド旅行の際は、接種をオススメします。一回一万円ぐらいしますが

コッホは、結核菌コレラ菌を発見しています。世界史界では、ゴッホとコッホが非常に似てるので注意です

ダイナマイトを作った人は、ノーベルです。名前を聞いたことあると思います。ダイナマイトで儲けたお金で作ったのがノーベル賞になります

1837年に電信機を作ったのは、モールスです。モールス信号を考案しています。ツゥーツゥーいってます。この音の間隔で言葉を表現しました。一番最初に敷設されたのが、ワシントン~ボルティモア間です。こういう、「どこに設置しましたか?」的なことは、聞かれます

海底電信ケーブルは、英仏間でドーヴァー海峡に1851年にできてます

■モールス信号
https://www.youtube.com/watch?v=PYinnL_t8js

-ドーヴァー海峡-
2014-6-23_18-51-54

1876年に電話を発明したのは、ベルです。このあたり発明者と作ったもののセットだけで解答できます

無線電信は、マルコーニです。1895年に無線を発見し、1901年に大西洋を越えた交信に成功しています

凄いマニアックな聞き方だと「19世紀に起きたこととして含まれないものを選びなさい」という問題がでます

a.電信機をモールスが発見した
b.ベルは電話を作成した
c.マルコーニは、無線電信の大西洋を挟んだ交信に成功した

一見すると、cは19世紀に含まれそうですが、交信に成功は20世紀です。発見は19世紀です。つまりcが、正解です

あとは発明王エディソンを覚えましょう。作ったものは以下になります
・蓄音機(1876)
・電灯(1878)※特に白熱電球
・映画(1893)


-エディソン-
2014-6-23_18-38-22

最後にエンジンの話です。ディーゼルは、ディーゼル機関を発明します。そのままですね。ピストン運動を利用して、車輪を動かします

ダイムラーは、ガソリン機関を発明し、車を作ります。車の会社名として、聞いたことがあると思います。後にベンツと合併します

あと、もうちょっと文化史続きます。今日は以上です

文化史の続きいきます

■音楽
音楽分野の出題頻度は、低いですが、音楽にも古典・ロマン・印象派があります。有名所をおさえましょう

古典派からいきます。典型的なヒントと一緒に覚えましょう。古典派で、「交響楽の父」と言われたら、ハイドンです。古典派の確立者として有名なのは、天才モーツァルトです

古典派で一番聞かれるのは、ベートーヴェンだと思います。「楽聖」といわれます。「運命」とか有名ですが、よく世界史で聞かれるエピソードは、ナポレオンを評価して、「英雄」という曲を作ったけど、彼が皇帝になって楽譜を破り捨てて激怒したという話です

-ベートーヴェン-
2014-6-18_3-14-47

これ以前にも説明しましたが、当時のフランス革命期の混乱をよく表現したエピソードだと思います

■講義 part69 -フランスの第二帝政・第三共和政-
http://world-history.blog.jp/archives/6498346.html
※冒頭でナポレオンの独裁について説明

ロマン主義音楽いきます。近代歌曲の創始者といえばシューベルトです。「未完成交響曲」が有名です

一番聞かれるのが、「ピアノの詩人」ショパンです。「革命」などが有名です。ポーランド人です。私が個人的に考えるポーランド人で聞かれるBIG3は、ショパン・コシューシコ・キュリー夫人です

ポーランド人シリーズとして覚えましょう

■講義 part55 -啓蒙専制君主(ロシア)とポーランド分割-
http://world-history.blog.jp/archives/4283924.html
※コシューシコ情報

あとはワグナーも覚えておいてください。オペラに似ている楽劇で、「ニーベルンゲンの指輪」などの作品を残しています。この人の特殊な聞かれ方は、ヒトラーに絡めて聞かれることです

ヒトラーは、だいぶ主役として見られるいますが、ヒトラーはワグナーを好んで利用しました。ワグナーは人の気持ちを昂揚させるワグナーの曲に着目し、自分の登場シーンに使ったりしました。このあたり機会があれば、説明します

私の分析では、ヒトラーのマインドコントロール技術、世論誘導屈指の能力だと思っています。自分の知る限り、歴史上でもTOP3だと思います

印象派は、ドビュッシーだけ覚えてください

あと国民楽派も少し、この派閥は自国の文化を活かした音楽を作ります。ロシアのチャイコフスキーを覚えましょう。「くるみ割り人形」「白鳥の湖」などが有名です。一度は聞いたことのある曲です

■哲学
日本の大学で哲学の講義あると思うんですが、一番講義が多いのがヘーゲルだと思います。私も「哲学って、どこから勉強すればいいですか?」と聞かれたら、ヘーゲルといいます

-ヘーゲル-
2014-6-18_3-53-17

彼がドイツ観念論を完成させます。カントの流れですね。自分は哲学出身ですから、長い時間かけて説明したいですが、世界史受験にでる部分だけ説明します

彼の作品で有名なのは、「精神現象学」です。彼の作り上げた方法は、弁証法哲学といいます

弁証法は、一つの意見反対意見を分析して、お互いが納得できる新たな答えを見つける手法です

この弁証法ですが、欧米の人はこれをしっかり勉強します。向うの大学受験の問題でも普通にでます。「働くとは何か」、「理性と信仰は対立するか」といった日本人なら絶望する問題ばかりですwこの中で弁証法的に答える方法が問われます

■講義 part57 -17~18世紀のヨーロッパ文化史①-
http://world-history.blog.jp/archives/4613859.html
※カント情報

このヘーゲルの理論を応用したのが、マルクスです。彼の立場を弁証法的唯物論といいます。唯物論は、現実世界のことです。ヘーゲルは弁証法を頭の動きの解説に使いました。だから観念論といわれます

対してマルクスは、現実世界の分析に弁証法を使いました。2つの対立軸、例えば領主は「一杯働いてほしいと思う」、奴隷は「一杯働いても、全部領主のものになるから、うまく手を抜こう」と考えます

意見が対立するわけです。これをお互い納得させるうえで、農奴や農民に昇格して「生産物の半分ぐらいは、君たちのものにする」という答えを導きます。これで奴隷より、農奴・農民は働きます。領主も満足なわけです。互いに満足する答えを導き出したことになります

彼のこのような歴史観は、唯物史観といわれます

領主×奴隷⇒農奴・農民
資本家×労働者⇒社会主義・共産主義


この彼の考えが、社会主義の運動で凄い力を持ちます。皆さんのお爺ちゃんぐらいは、本気で社会主義にのめり込んだ世代でもあります

■講義 part66 -19世紀の自由主義・社会主義-
http://world-history.blog.jp/archives/6117577.html
※マルクス情報

功利主義も説明します。これイギリス・アメリカ人の気質を理解するうえで、興味深い考え方です。彼らは幸福測量可能と考えます

功利主義の創始者は、イギリスのベンサムです。「最大多数の最大幸福」を推奨します。なるべく多くの人が幸せなら、それは良い社会だろと考えます

結局、経済が発展すれば幸福になるだろうということで、産業資本家に人気がでます

ベンサムの影響を受け、幸福の質も問うたのが、ジョン=スチュアート=ミルです。彼は第2回選挙法改正実現にも努力します

次に社会学のコントを説明します。彼は「社会学の祖」といわれます。現実社会を分析する実証主義哲学を提唱します

社会学は、例えば自殺と経済の因果関係などを分析したりします。男女の好みも、社会環境によって変化します。今の日本では、マッチョがあまりモテず、佐藤健のようなやさしげな男子がウケたりします

これ説明簡単です。日本に戦争の危機がないからです。一部の人は危機はあると考えるでしょうが、自分が世間を見ても戦争の危機なんて、肌感覚でまったく感じません

こういう時は、力強い男なんて不必要になります。それより美的に追及された人のほうが優先されます。確実に予言できますが、日本が戦争状態になったら、急に軍人さんがモテだすと思います

あと19世紀には、ダーウィンがでたため、欧米文化に強烈なショックを与えます。進化論ですね。これと功利主義を融合させたのが、ハーバート=スペンサーです。彼は社会進化論を提唱します

ドイツ観念論の中でややレアですが、聞かれる人はショーペンハウエルです。彼の哲学は、厭世哲学(ペシミズム)といわれます。世の中を否定的に考える立場です。この言葉は、国語でも聞かれますし、英語のテストでも出題される場合があります

覚えておいて損はないでしょう

次は実存哲学の先駆けといわれるキェルケゴールです。イケメンです。この人もヘーゲルの立場を批判しつつ、自分の場所をつくります

実存哲学は、現実存在を考える学問です。ヘーゲルの頭の中だけで考える方法を批判して、現実に生きている自分を考えます

彼はデンマーク人です。デンマーク人で聞かれる人はまずないので、これをヒントにして答えましょう

-キェルケゴール-
2014-6-18_4-48-42

あとは日本人の大学生でハマるのが、ニーチェです。情熱な人なので、この人に惹かれるのは若い人に多いです。「神は死んだ」の有名な言葉を残します

この言葉は、キリスト教の時代が終わったことを意味します。このような社会では、自分で自分を規定しなければいけず、不安になります

それを防ぐには、「超人」になるしかないと考えます

これ、またもやヒトラーが考えをパクります。戦争で負けて、打ちのめされたドイツ人を鼓舞する時に利用するわけですね

最後は精神分析学として有名なフロイトです。日本の文系で心理学部一番人気あるんですが、その学問の創始者が彼です。自我・葛藤・性欲などの概念を定義します。欧米人は、このあたりから意識・無意識の区別が認識されていきます

東洋人は、仏教のおかげで無意識については、肌感覚で知っていましたが、西洋人にはありませんでした

次回、まだまだ文化史です

文化史いきましょ~でる頻度高いものだけ、ピックアップします

■文学
19世紀の文学の派閥は、けっこうあります。まず古典主義ロマン主義を覚えましょう。ヨーロッパの考える古典は、いつもギリシア・ローマ文化をさします。ルネサンスの時もそうですが、人間を描く作品になります

人間は、感情的な生き物ですから、そういう葛藤する人間を描こう運動を疾風怒濤(シュトゥルム=ウント=ドランク)といいます

とにかく、凄ぇ~聞かれるのが、ドイツ古典主義を代表するゲーテシラーです

-ゲーテ-
2014-6-6_14-42-12

ゲーテの作品は、「若きウェルテルの悩み」「ファウスト」です。「ファウスト」のほうが、聞かれる頻度は高いです。この話、悪魔と契約して、いろいろする話です。「若きウェルテルの悩み」は、恋愛ものです。そんなに長い本でもないですし、ウブな恋愛話なので、高校生が読んでも、面白いと思います。図書館に普通にあると思うので、興味ある方は読みましょう

「ここから、そしてこの日から、世界史の新しい時代が始まる」

この言葉を残したことでも、ゲーテは有名ですね

■講義 part61 -フランス革命-
http://world-history.blog.jp/archives/5406370.html
※ゲーテ情報

シラーは、「群盗」だけ覚えてください。シラー=「群盗」のこの単純な知識だけで、問題が解けます。受験生にはありがたい出題が多いです

「シラーの書いた本なんですか?」⇒「群盗」

次にロマン主義です。個性や感情を重視します。けっこう、これに属する人多いですが、4人は最低覚えましょう

一人目は、グリム兄弟です。あのグリム童話の人ですね「赤ずきん」や「ヘンゼルとグレーテル」などの童話がありますが、あまり作品は聞かれません。ロマン主義=グリム兄弟で、けっこう戦えます。あとは、「ドイツ語辞典」を刊行したことを覚えてください

二人目は、ハイネです。この人はセンター試験レベルでも、普通に聞かれます。フランスの七月革命時にパリに行ったりします。なので、「革命詩人」などと言われる詩人です。作品は「歌の本」です

マルクス友達という面白い聞かれ方もされます

「マルクスの友人としても有名なロマン派詩人は誰ですか?」⇒ハイネ

三人目は、ユーゴーです。とにかく「レ=ミゼラブル」が有名ですね。この話知らないなら、必ず読んだほうがイイです胸アツです映画も有名です。劇団四季でも、演じられてますね。フランス革命からの激動のフランスを理解できます

しかでない作品です

-ユーゴー-
2014-6-6_15-20-34

四人目は、バイロンです。「チャイルド=ハロルドの巡礼」という作品を残していますが、それより遥かにギリシア独立戦争に参戦したことが聞かれます

「ギリシア独立戦争に参戦したことでも有名なロマン派詩人は誰ですか?」⇒バイロン

-バイロン-
2014-6-6_15-32-32

■講義 part64 -ラテンアメリカ諸国の独立とギリシア独立戦争-
http://world-history.blog.jp/archives/6006451.html
※ギリシア独立戦争

次に写実主義です。これは、ロマン主義の逆にリアルを追及する派閥です。まずはスタンダールを覚えましょう。彼の作品はと黒」です。赤=貴族、黒=僧侶を意味します。つまり特権階級です。これに対する戦いを描いた作品です

バルザックは、市民を描いた短編小説「人源喜劇」が有名です。ディケンズ「二都物語」もちょいちょい聞かれます

あとはロシアの文豪が、凄い聞かれます。ドストエフスキーは、「罪と罰」が聞かれます。殺人を犯した主人公の葛藤を描いた話です。時間がある人は、読んだ方がよいです

次は自然主義です。写実主義より、さらにリアルを追及します。ロシア人をまず二人覚えます。トゥルゲーネフは、農奴解放令後のインテリゲンティアを描いた「父と子」を覚えてください

もう一人は、トルストイです。彼の作品は、ナポレオン戦争期を描いた「戦争と平和」、貴族社会を描いた「アンナ=カレーニナ」が有名です

そして、自然主義作家で一番聞かれるのが、ゾラです。この人だけは、絶対覚えましょうセンター試験で聞かれるレベルです。彼はフランスの有名人で、ドレフュス事件(1894)では、軍部を批判しています。彼の作品は「居酒屋」です

-ゾラ-
2014-6-7_11-42-39

ちなみにドレフュス事件ですが、ユダヤ人のドレフュスを冤罪で逮捕してしまった軍部が、事件をもみ消すために、当時の反ユダヤ人感情を利用して、有罪にしようとした事件です。ゾラの努力などもあり、最後は無罪になります

ユダヤ人に対する悪感情は、宗教絡みです。ユダヤ教キリスト教は微妙に違う宗教です。一番の違いは、イエス認めるかどうかです。イエスを救世主として認めていないユダヤ教を信じるユダヤ人は、キリスト教文化圏で嫌われます

このあたり機会があれば、宗教をテーマにアップします

あと自然主義作家は、2人覚えます。モーパッサンイプセンです。モーパッサンは「女の一生」で、けっこう悲惨な運命の女性を描いてます

イプセンも「人形の家」で女性を描いてますが、これフェミニズムのはしりの部分があって、「女性は家にいるもの」といった伝統的価値観を批判しています

ちなみにフェミニズムとは、女性の権利を向上させる運動です。世界との比較でいうと、日本の女性に対する意識はかなり低いと思います

男性諸君は、はやめに読んだほうが良い本かもしれません。薄い本なので、すぐ読めると思います

最後はレアな派閥である象徴主義を説明します。この派閥の考え方は、伝統の否定です。ボードレール「悪の華」ぐらいは覚えておきましょう。徹底的な美を追求しています

■美術
美術と文学は、名称が同じです。古典主義で有名なのは、ダヴィドです。古典主義では、この人だけ覚えればいいです。ナポレオン1世の宮廷画家でしたね。「ナポレオンの戴冠式」などが有名です

■講義 part62 -総裁政府とナポレオン-
http://world-history.blog.jp/archives/5437815.html
※「ナポレオンの戴冠式」情報

ロマン主義も、一人だけ覚えましょうドラクロワです。「民衆を導く自由の女神」は、とにかく聞かれます。ルーブル美術館に行けば、この絵と「モナ=リザ」は、みんな見ます

-ドラクロワ-
2014-6-7_12-18-25


■講義 part65 -七月革命・二月革命(フランス)-
http://world-history.blog.jp/archives/6038154.html
※「民衆を導く自由の女神」情報

自然主義いきましょう。ミレーだけでもいいと思います。作品は「落穂拾い」「晩鐘」です。農民を描いたものが多いので、よくわからないでも、19世紀の農民の絵はミレーと記憶しておいてください

-落穂拾い-
2014-6-7_12-22-13

写実主義も、一人覚えてください。センター試験でも、バンバン聞かれます。クールベです。「石割り」が有名です

-石割り-
2014-6-7_12-28-0

最後の美術の派閥は、印象派です。このグループを好きな日本人は多いです。テストでも、よく聞かれます。印象というくらいですから、写実的というよりも、人間の受けた印象をそのまま絵に反映させます

創始者は、マネです。「草の上の食事」が有名です。ガッツリ裸なんで、画像付きで聞かれることは、あまりないと思います。今の私たちから見ても、けっこう違和感ありますが、性に厳しい当時はだいぶ批判されています。後に評価されます

ちなみに上の行くと、ゾラの画像があると思いますが、それもマネの作品です

-草の上の食事-
2014-6-7_17-55-44

印象派の名前の由来になった「印象・日の出」を書いたのは、モネです。彼の「睡蓮」は非常に有名で、よく画像付きで、出題されます

-睡蓮-
2014-6-7_18-2-20

そして喫茶店の名前にもなってるこの人が、日本ではかなり有名ですね。ルノワールです。「ムーラン=ド=ラ=ギャレット」ぐらいは覚えましょう。モネの絵もそうですが、印象派は全体的に淡いタッチで描かれます

-ムーラン=ド=ラ=ギャレット-
2014-6-7_18-8-46

次に後期印象派です。ここにも有名人が一杯います。まずはセザンヌです。「サント=ヴィクトワール山」といった山の絵をかきます。山=セザンヌで覚えましょう

-サント=ヴィクトワール山-
2014-6-7_18-14-11

次がゴッホです。芸術を知らない人でも、この人の名前ぐらいは知っていると思います。「ひまわり」を覚えましょう。この人は最後、自殺していますけっこう絵が売れなくて、大変でした

ゴッホの足跡をたどる名所が、フランスに集中しているので、フランス人に思われますが、彼はオランダ人です。芸術を志す人は、当時みなパリを目指しました。今でも芸術=パリなのは、彼らの切磋琢磨した時代があったからだと思います

-ゴッホ-
2014-6-7_18-23-14

ゴッホの友人として有名なのが、ゴーガンです。彼はタヒチに暮らしていた時もあったので、タヒチの人の絵もけっこう残ってます。タヒチは、今でもフランス領土です。南太平洋にあります。意外だと思いますが、植民地時代の名残りで、フランスは今でも世界中に領土が点在しています

2014-6-7_18-29-36


2014-6-7_18-27-1

最後に彫刻家を一人紹介します。印象派とは関係ありません。その人は、ロダンです。「考える人」が有名です

次回も、文化史続きます

このページのトップヘ